海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

赤ちゃん連れアメリカ国内旅行のすすめ

せっかくの海外生活、赤ちゃんも一緒に旅行も楽しみたいという方、多いのではないかと思います。そんな方のために、私がロサンゼルスを拠点に我が子とともに旅行をした経験を経て、お伝えできる役に立つ情報をご紹介いたします。

旅行に便利なアイテム

ミルク(Formula)

完全母乳で育てている方にはあまり関係ない話ですが、アメリカは実はミルク育児がとってもしやすいのです。殆どの粉ミルクがお湯ではなく水で作れる仕様ですし、液体ミルクもあります。わざわざ水筒にお湯を持って歩く必要がなく、その場でささっとミルクが作れてしまうので、旅行中は大変重宝します。

離乳食

離乳食が始まっているお子さんですと、やはり旅行先での準備が心配になります。こんなときは日本でもメジャーな持ち運び用の離乳食を準備したり(日系スーパーで入手できます)、アメリカのパウチに入ったものを用意すると良いです。パウチはオーガニックのものなど種類も多彩です。
お米を粉末にしたライスシリアル等は、お粥の代用としても使え、とても便利です。

アメリカは日本と比べて市販薬の幅が広く、なるべく医者にかからないようにという風潮もあるので、子供の薬もドクター自体が市販薬を勧めてきます。代表的なのが、熱冷ましのタイレノールです。事前にかかりつけのドクターに、何度の熱で、どのくらい使用すれば良いのか、ときいておけばよいだけです。その他の薬も、事前にドクターに聞いておけばどれを持っていけばいいか、教えてくれると思います。
もちろん、症状によっては、独断せずに医者に相談してみてください。

交通手段

交通手段ですが、我が子は車が嫌いではなかったので大抵は車で旅行していました。特に赤ちゃんはよく寝ますので、2時間おきに休憩を取っていれば、問題ありませんでした。車があると、現地でも買い物など動きやすいので、赤ちゃんに必要なものを買い足したりもできて楽ちんでした。

逆に、車が苦手なお子さんの場合は飛行機のほうが良いかもしれません。
例えばグランドキャニオンやセドナであればロサンゼルスからの飛行時間は2時間足らずですので、動画やおもちゃなどで乗り切りやすいと思います。

欧米は赤ちゃんの頃から旅行にいくのが当たり前なので、国内線国際線共に、周りの方々も優しいですし、赤ちゃん連れをきちんと優先してくれます。ミルクや離乳食も、セキュリティできちんと赤ちゃん用であることを説明すれば持ち込むことができます。

おすすめ旅行先

アメリカ国内旅行でオススメなのが、国立公園です。日本ではなかなかお目にかかれないスケールですし、また水まわりや診療所などが整っているのも安心なポイントです。
ロサンゼルスからですと、陸路でも空路でも行ける下記の国立公園が人気です。
ただ、どれも夏は暑く冬は寒いですので、赤ちゃん連れのときは時期を選んだほうが良いと思います。

ヨセミテ国立公園
セコイア国立公園
グランドキャニオン国立公園

国立公園は、アメリカ本土に数多く点在しておりますので、是非訪れてみてください。
また国立公園ではないですが、日本でも有名なアリゾナのセドナもおすすめしたいスポットです。大自然でありながら、人気の観光スポットとして色々便利に発達している街です。

ホテル

ホテルを予約するときは、バシネット(赤ちゃん用の簡易ベビーベット)があるかを確認します。これをリクエストしておけば、チェックインのときにはセットしておいてくれます。

アメリカのベットは背が高いですので、添い寝をしてうっかり落ちてしまうと大事故になりかねませんので、バシネットや添い寝用のスリーパーを使用することをおすすめします。

レストラン

旅行に限らず、アメリカのレストランは高級店を除けば大抵は赤ちゃん連れで入れます。離乳食の持ち込みも、特に許可を得る必要はありません。(取るにこしたことはないですが)頼めばメニューになくてもスチーム野菜などを用意してくれるところも多いです。

まとめ

赤ちゃんと旅行するのは、心配なこともたくさんあると思います。ですが、歩き始める1歳を過ぎると飛行機でも車でもじっとしていられなくなりますし、食事もあるのでより大変になります。実は0歳の頃が一番飛行機に乗せやすかった、というお母さんも多いのです。

日本にいると、どうしても赤ちゃん連れで旅行をすることに二の足を踏んでしまいますが、せっかくの海外生活ですので、対策を万全にした上で、チャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • bangkok
    タイ赴任前に覚えておきたいタイ語 2017.04.08 海外生活

    タイに赴任が決まったら、タイ語を勉強してみたいと思う方が多いのではないでしょうか。しかし、日本人にとってタイ語は習得がむずかしい言語です。忙しい赴任前に勉強するのは負担になるかもしれません。 ですが、少しくらいはタイ語を覚えておきたいところです。そこで今回は赴任前に覚えておくと便利なタイ語をご紹介し…

  • フランス赴任で新婚生活 2019.03.14 海外生活

    約2年前に入籍し、1年半前に夫の仕事の都合でフランスにやってきました。
    私は日本で就職していた会社を退職し、現在は専業主婦です。
    夫も私も実家で暮らしていたため、フランスに来てはじめて同棲生活をすることになりました。
    最初の半年ほどは、とにかく手続きや生活のリズムに慣れることで必死。
    フランス語も全く話せないので、苦労しました。
    半年が経ったころ、ようやく落ち着いて毎日を過ごせるようになりました。

  • 中国本土の方と上手に付き合うコツ 2017.09.11 海外生活

    中国本土は広いので地方によって言葉、習慣、食べ物も違いますし、近年は裕福層も増えていますので、中国人と一括りにする前に付き合う方のバックグラウンドを理解しておく必要があります。 個人的な意見ですが上海は歴史的に国際都市として発展してきていますので外国人に対して寛容な雰囲気がありますが、他の大都市に行…