海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

タイのトイレ事情

toilet

海外に行くとき、気になる問題の一つにトイレ事情があると思います。特に、アジア圏だとその国特有のトイレもあるので、少し不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

タイも例外ではありません。独特のトイレ事情があります。ということで、今回はタイのトイレ事情についてご紹介します。

トイレの種類

日本のトイレには洋式と和式がありますが、タイにも同じように洋式とタイ式があります。

洋式は日本とほぼ同じです。(後述しますが水の流し方が異なります。)

一方、タイ式は日本の和式トイレと形状がよく似ています。少し違うのは便器のふちに足をのせるスペースがついていることです。少し高さがあるので、落ちないように注意してください。

このタイ式トイレの名残なのか、場所によっては洋式トイレでも、便座が取り外されいているところがあります。おそらく便器のふちに足を乗せて使うのでしょう。タイでは珍しくない光景ですので、このようなトイレに遭遇しても驚かないでください。

トイレットペーパー

タイのトイレで一番気をつけたいのはトイレットペーパーを流せないことです。流すときの水圧が弱いので、途中までしか流れません。そもそもタイのトイレットペーパーは水に溶けないものが多いです。つまると大変なので、必ずトイレットペーパーはゴミ箱に捨てるように気をつけましょう。

ウォシュレット

洋式は日本とほぼ同じと書きましたが、少しだけ違うところがあります。それは、ウォシュレットです。タイの洋式トイレには先に金具のついたホースのようなものが付いています。これこそがタイ式ウォシュレットです。水圧がかなり強いので、チャレンジされる方はご注意ください。

観光地のトイレ事情

タイ人はきれい好きです。デパートやショッピングセンターの中のトイレは非常にきれいに清掃されており、日本と変わらないくらい清潔です。このような場所ではほぼ確実に洋式トイレです。

しかし、観光地に行くと、まだまだ入りにくいトイレもたくさんあります。特に田舎の方でよく見かけるのが、自分で水を汲んで流すタイプのタイ式トイレです。

トイレの中に浴槽のようなスペースがあり、そこから手桶で水を汲んでトイレを流します。日本人には使いにくいので、我慢できるのであれば、他のトイレを探すことをおすすめします。このようなトイレは衛生的にもあまり良くないことが多いです。

長旅のときのトイレ事情

タイに赴任すると、車やバスで長距離移動することもあると思います。たとえば、バンコクに赴任した場合、ちょっと海に遊びに行こうと思うと、車かバスで2時間かけてパタヤに行くか、あるいは3時間半かけてホアヒンに行くかということになるでしょう。

タイでは長距離移動すると、ガソリンスタンドのトイレを使うことになります。日本では、高速道路にサービスエリアやパーキングエリアがありますが、タイではそれに該当するのがガソリンスタンドなのです。

ガソリンスタンドのトイレには有料のところもあります。入り口に人がいたらお金を払いましょう。値段は場所によって違うので、他の人が払うのを見て同じ額払うようにしてください。高額紙幣で支払ってもおつりがもらえないので、出発前に小銭を作っておくことをおすすめします。

今回はタイのトイレ事情について、ご紹介しました。場所によって違いますが、基本的にデパートやショッピングセンターだと日本のトイレと変わりません。タイのトイレに行くときはできるだけ場所を選んで工夫しましょう。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 香港人と上手に付き合うコツ 2017.06.15 海外生活

    個々のバックグラウンドを知る 香港は人口約700万人で東京の約半分ほどの人口でありますが、貧富の差が激しいため同じ香港人でも教育レベルの差がとても大きく「香港人」と一括りにせず、個々のバックグラウンドを理解しておかないと人間関係構築が困難です。 97年中国返還前はイギリスの植民地でしたから年配の人の…

  • カナダ生活で日本人が感じる「この出費が痛い」3選と節約対策! 2017.10.25 海外生活

    家族そろって海外で生活するうえで、心配なのが毎月の出費。物価が高い国と言えば、北欧を中心とするヨーロッパがよくイメージされがちですが、実はカナダも多くの日本人が物価の高さを感じる国です。 「日本ではすごく安いのに!」というものが、カナダではとても高く販売されるケースがよくあります。そこで今回は、カナ…

  • ドイツの夏休みのあり方 2017.08.09 海外生活

    子供達が待ちに待った夏休みが始まりましたね。皆さん、どのようにお過ごしでしょうか。 ドイツの夏は休暇の季節。ドイツ人の6割が2週間以上の休暇を取り、半数以上の人が5日間以上の旅行に出かけます。今回は、そんな「ドイツの夏休みのあり方」についてお伝えします。 ドイツ人の休暇に対する考え方 ドイツ人にとっ…