海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

タイならではのコンビニ事情

bangkok

タイにはコンビニがたくさんあります。それも、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンといった日本でもおなじみのコンビニです。ですが、日本のコンビニとタイのコンビニではできることが少し違います。タイに渡航する前に予習しておきましょう。

タイのコンビニでもできること

日本のコンビニ同様にタイのコンビニでもできることについて紹介します。

飲み物、食べ物の購入

日本のコンビニと同じく、タイのコンビニは飲み物や食べ物の種類が豊富です。日本の緑茶やおにぎりも売っていますし、日本のような菓子パンも売っています。お弁当やお菓子もたくさん並んでいます。コンビニスイーツも豊富です。ちなみにお弁当は日本と同じでお店で温めてもらえます。

時間帯は限られていますが、お酒の購入も可能です。コンビニによっては、ワインやウイスキーなどが売っているところもあります。(参照:タイの複雑なお酒事情

また、自炊される方は、お米や卵、カレーの素や缶詰もコンビニで手に入るので便利です。ただ、野菜などの生鮮食材はないので、そのときはスーパーに行く必要があります。

日用品・嗜好品の購入

トイレットペーパーやシャンプーなどの日用品もコンビニにあります。タイはスーパーが多くないので、このようなものがコンビニで買えるのはとても便利です。サプリメントや文具も一通りそろっています。

もちろん、タバコもあります。タバコはレジの後ろの棚にあります。日本のパッケージとは大きく異なるので驚くかもしれませんが、パッケージには真っ黒になった肺や、ボロボロになった歯など少しグロテスクな写真がタバコの危険性を伝えるために使われています。

公共料金の支払い

電気代や携帯電話の使用料金をコンビニで支払うことができます。コンドミニアムに住んでいる場合、電気代は自分で払うことになるのでコンビニで支払いを済ませます。また、水道代はコンドミニアムに直接支払うので、コンビニ支払いはできません。サービスアパートだとまた事情が違うようです。

携帯電話の使用料金の支払いはいくつか方法がありますが、一番手軽なのはコンビニ支払いだと思います。毎月携帯会社から領収書が届きますが、それがなくてもコンビニで電話番号を伝えれば支払いができます。

日本のコンビニにはできてタイのコンビニではできないこと

日本のコンビニにはできて、タイのコンビニではできないことは、チケットの購入、郵便関係(切手の購入、郵便物の配送、郵便物の受け取りなど)、プリンターの使用、ATMの使用などです。

特に困るのがプリンターとATMがないことです。タイでは街中に印刷屋さんがあり、コピーやスキャンはそこでお願いしなければなりません。よく使う方はスキャナー付きのプリンターを家に置いておいた方が賢明です。

ATMは銀行の前やデパートの中でよく見かけます。よく行くデパートのATMの場所は覚えておくと便利です。

日本のコンビニではできないが、タイのコンビニではできること

日本のコンビニにはできず、タイのコンビニではできるということはほとんどないように思います。強いて言うならば、ちょっとした軽食とオリジナルドリンクがあることでしょうか。これは全てのコンビニではありませんが、大きめのコンビニに行くとあります。レジの後ろに軽食とオリジナルドリンクのメニューがあり、それを注文することができるのです。

また、タイのコンビニではお弁当コーナーにホットサンドが売られています。購入すると、ホットサンドメーカーで温めてもらえます。ホットサンドを買っても温めてもらわなければ、ただのサンドウィッチなので必ず温めてもらってください。

日本のコンビニではあまり見かけませんが、タイのコンビニではよく値引きがされています。値引きの棚があるコンビニもありますので、是非チェックしてみてください。掘り出し物が見つかるかもしれません。

さらに、日本のコンビニと違うと思うことは、タイのコンビニではレジでお会計をするときに、店員さんから商品を勧められることがあるということです。何と言っているかわからないからと言って適当に「はい」と返事をすると、ほしくもない商品を買わされてしまうこともあるのでご注意ください。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • カナダ生活で日本人が感じる「この出費が痛い」3選と節約対策! 2017.10.25 海外生活

    家族そろって海外で生活するうえで、心配なのが毎月の出費。物価が高い国と言えば、北欧を中心とするヨーロッパがよくイメージされがちですが、実はカナダも多くの日本人が物価の高さを感じる国です。 「日本ではすごく安いのに!」というものが、カナダではとても高く販売されるケースがよくあります。そこで今回は、カナ…

  • 実際に住んでみないとわからない「カナダの家事情」とは 2017.12.04 海外生活

    海外の家というと、どのようなイメージを思い浮かべますか?さまざまなインテリア・ライフスタイルを紹介するサイトでは、海外のおしゃれな部屋をピックアップしているものが多いので、海外で部屋を借りて生活することにウキウキする人が多いかもしれません。 しかし、カナダの場合は実際に住んでみると、日本と違うポイン…

  • シンガポールの子育て環境 2019.08.22 海外生活

    海外赴任先国 シンガポール 海外赴任先州/都市 シンガポール 海外赴任時期 2015年4月から2017年3月 海外赴任開始時点の年齢・性別 32歳・女 海外赴任者との関係 妻 赤ちゃんとのシンガポール生活 シンガポールは思った以上に便利で、小さな子供を連れての駐在でも困ることはほとんどありませんでし…