海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

シンガポール滞在で感じた4つのメリット

海外赴任先国シンガポール
海外赴任先州/都市シンガポール
海外赴任時期 2013年5月~2015年3月
海外赴任開始時点の年齢・性別32歳・女
海外赴任者との関係

高い医療水準

シンガポールは確かに年中暑く、日差しが強いです。
湿度は年間を通じて高いので、風邪を引くと喉が乾燥しやすい私でも風邪を引くことがほとんどありませんでした。
子供は風邪や虫刺されなどはよくあったのですが、日本で流行っているような感染症の流行りもないので安心して過ごせたのです。
それでも予防接種や病気で病院にかかることは何度もありました。
シンガポールは医療の水準も高く、日本と同様もしくはそれ以上の医療を受けることができます。
小児科から皮膚科まである日系の総合病院に通っていましたが、細かいアドバイスもしていただき子連れでとてもお世話になりました。
シンガポールでは、医療について全く心配することはありません。

グローバルな環境

シンガポールでは中華系の人がもっとも多いのですが、英語表記が必ずされていました。
お店では英語なので、英語を話すことができればコミュニケーションもスムーズです。
習い事も全て英語で行われるので、子供が英語に触れる経験をさせることができました。
日本人向けにフリーペーパーが発行されていて、子供向けのお稽古もたくさんあります。
1歳の子供はリトミックのスクールに通っていました。
先生はローカルの方でもちろんレッスンは英語です。
英語の音楽や簡単な英単語を使い、子供の興味を引きながら自然な形で体を動かして英語も学んでいきました。
子供はリトミックが大好きで、レッスンのおかげで数字や英単語を覚えることができたのです。

リゾート地が近い

シンガポールからは、マレーシア、タイが近いです。
マレーシアであれば、飛行機を使うことなくアクセスすることもできます。
飛行時間も短いので、子供にも負担がかからずリゾートを楽しむことが可能です。
シンガポール滞在中は、3時間で行けるバリ島や2時間のタイにも行きました。
時差もほとんどないので負担も少なく済みます。

衛生的で治安が良い

海外でアジアなので、やはり衛生面や治安状況は心配でした。
実際に住んでみて、道はゴミも落ちておらず日本よりきれいです。
普通以上のレストランでは、衛生面もしっかりしているので安心して食事をすることができます。
ホーカーなどはテーブルや床が汚れていることもありますが、政府が認定したAのステッカーが貼られているお店を利用すると衛生面でも安心です。
治安面では、観光客が多いエリアでは荷物の管理など最低限の注意が必要ですが危険を感じることはありませんでした。
自分自身、スリや犯罪に遭遇したことはありません。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 香港の銀行支店への転勤 2019.05.30 海外生活

    海外赴任先国 中国 海外赴任先州/都市 香港 海外赴任時期 2015年12月から2016年9月 海外赴任開始時点の年齢・性別 30歳・女 海外赴任者との関係 妻 主人が日本の銀行に勤めていて外資系の銀行でしたので、香港支店へやく9ヶ月短期の赴任を言い渡され、帯同しました。 短い期間でしたが、私の香港…

  • 子連れにも安心できる香港の衣食住 2019.01.24 海外生活

    夫の香港駐在が決まり、やはり気になってくるのが長男の幼稚園と衣食住のことでした。
    4歳と1歳の子供が安全に安心して暮らせるかどうか、夫についていくかどうかも迷ったこともあります。
    子供の頃に香港に行ったことがあるきりで、その後は縁がなかった土地なので赴任前は現地の生活になれるかどうか不安があったのです。
    同僚の方などの情報を参考にすると、百円ショップや子供が好きなラーメンやチャーハンなど日本とあまり変わらない生活ができるよということでした。

  • シンガポールの住みやすさ 2019.04.18 海外生活

    海外赴任先国 シンガポール 海外赴任時期 2011年4月から2015年12月 海外赴任開始時点の年齢・性別 38歳・女 海外赴任者との関係 妻 シンガポールでの暮らしは、私にとって大変快適でした。 確かに、英語の環境にさらされますし、常夏の国なので、暑さに対応できないことには生活しにくいかもしれませ…