海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

アメリカの支払い形態

支払い方法は国によって様々です。私が過ごしたアメリカには日本では馴染みのないチェックやクレジットスコアなど、最初は戸惑う仕組みがいっぱいでした。そんなアメリカの支払い形態をご紹介いたします。

クレジットスコアとは

アメリカではクレジットスコアと呼ばれる信用情報が、生活の至る所で関わってきます。家を借りる時、車を買う時、携帯電話を契約する時などなど。これはカード含めローンの支払いや公共料金の支払い、家賃の支払いなどの情報が積み重なってスコア化されるものです。

残念ながらこのスコアがもともとない我々日本人は至る所で不便を強いられることになります。車が買えなかったり、家を借りることができなかったり。クレジットカードも作ることができません。車などは現金で購入するという手もありますが、そうすると結局クレジットスコアが積み上がりませんので、クレジット大国アメリカので生活は不便なままとなってしまいます。

そこで、多くの駐在員はクレジットスコアがなくても対応してくれる日系の会社を使います。私が住んでいたLAであれば、不動産、車に携帯電話は日系会社で全て手配可能でした。ただ、日系でなくとも、保証金を倍支払えばローンを組んでくれる会社もあることはありますので、交渉してみましょう。1年も経てばある程度クレジットスコアが出来上がりますので、それから良い条件を借り換えたりすることもできます。

クレジットカード事情

上記のように、基本的にクレジットスコアのない人はアメリカでクレジットカードを作ることができません。ですがカード社会のアメリカでは買い物はもちろん病院から犬の登録費用まで、様々な場面でクレジットカードの使用が必須ですし、そもそもクレジットカードがないということはきちんとした人ではないということに結び付けられてしまうのです。

そこで、クレジットカードを作るためにまずは口座を開いた銀行でSecured Cardという、決まった金額を預けてそこから使うというデビットカードのようなものを作ります。日本のように現金主義で支払いはせず、なるべくそのカードを使用し、確実に毎月支払いをすることで信用が出来上がります。ある程度信用に足ると判断されれば、クレジットカード作成のオファーが銀行から来るようになります。

もしくは、渡米前から手続きができる、便利なカードを利用するという手もあります。

これらは米ドル建てのクレジットカードなのでクレジットヒストリーも積み上がるし、マイルもたまるので一石二鳥です。私が知っている限り、駐在員は上記いずれかのカードを使用していることが多いです。

また、クレジットカード使用時のチップの支払いですが、伝票にチップの記入欄がありますので、そこに記入します。この際、チップ額を後から書き直す、という偽造をされないために最後に横棒を引く、そして控えをちゃんと保管して請求時に照らし合わせることを怠らないようにしましょう。

チェックとは

日本人に一番馴染みがないであろう、チェックという支払い方法。銀行に口座を開設するときにチェックブックが最初にもらえます(最初の一冊だけで以降は有料発行の場合が多い)。普段の買い物などに使用する必要はありませんが、クレジットカードも受け付けないところでもチェックは受け付ける場合がありますので、財布に数枚携帯しておくと良いでしょう。

アメリカ人は現金を持ち歩かないので、カード不可の時はチェックを使用しています。チェックは使用者が銀行に登録したのと同じサインをすることで有効となりますので、使用するときまでなにも書かずにおくのが基本です。

我が家の場合は請求書がきてから支払う医療費関係が、一番使用率が高かったです。支払いだけでなく、払いすぎた学費の返還などもチェックで来るので、それを自分の口座がある銀行に持ち込み、現金化します。

あまりないシチュエーションですが、もしチェックでチップも払いたい場合は単純に支払額にチップ分を加算して金額をかき、左下の用途のところに明細を書きます。

まとめ

現金払いが未だに主流の日本人には、アメリカの支払い形態に慣れるまで暫く時間がかかるかもしれません。

また補足ですが、現金払いに関しては、$100紙幣などの高額紙幣もしくは小銭の支払いは嫌がられることを覚えておけばいいでしょう。もちろん日本より治安は悪いですので、強盗などにそなえ、あまり現金は持ち歩かないのが一番です。カードやチェックはたとえ奪われても止められますし、被害額も大抵返ってきます。そういった事情もあって、アメリカはカード社会なのかもしれないですね。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • ニューヨークで日本食が恋しくなった時の対処方法 2020.01.16 海外生活, 海外赴任

    海外滞在先国 アメリカ 海外滞在先州/都市 ニューヨーク 滞在理由 赴任先 海外滞在時期 2010年4月~2018年5月 海外滞在開始時点の年齢・性別 30歳・男 恋しくなるソウルフードを求めて 渡米して恋しくなることが多い日本の食文化ですが、ニューヨークにも探すと日本食なるものがいただける店がある…

  • 香港人と上手に付き合うコツ 2017.06.15 海外生活

    個々のバックグラウンドを知る 香港は人口約700万人で東京の約半分ほどの人口でありますが、貧富の差が激しいため同じ香港人でも教育レベルの差がとても大きく「香港人」と一括りにせず、個々のバックグラウンドを理解しておかないと人間関係構築が困難です。 97年中国返還前はイギリスの植民地でしたから年配の人の…

  • 日本人が体感する香港の気候 2019.06.20 海外生活

    海外赴任先国 中国 海外赴任先州/都市 香港 海外赴任時期 2017年4月から2018年4月頃 海外赴任開始時点の年齢・性別 36歳・女 海外赴任者との関係 親戚関係、お手伝い お手伝いとして香港へ行くことになった経緯 私は古くから知り合いであった医師夫婦のお手伝いの役目で、夫妻とともに香港へ渡りま…