海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

公文書に対する外務省の証明「公印確認」と「アポスティーユ」について

note

海外赴任に関する手続きをする上で名前をよく聞くことになるのが公印確認アポスティーユです。いずれも書類の外務省証明のことを指すので混同されがちな言葉ですが、違いをはっきりと理解しておかなければ手続きに不備が生じることがあります。

そこで、今回は公印確認とアポスティーユの違いについて解説していきます。

公印確認とは

日本国内で発行された公文書を外国での手続きで提出しなければならないことがあります。そのときに提出先から領事認証を求められた場合に必要になる「外務省による証明」が公印確認です。証明は公文書に押印された公印に対して公文書上で行われます。

公印確認という言葉が紛らわしいですが、領事認証を取得するために必要となる外務省による公印の証明と言えば分かりやすいかもしれません。

アポスティーユとは

ハーグ条約締結国に公文書を提出する場合には領事認証は不要になります。この場合の付箋による外務省の証明がアポスティーユ(Apostille)と呼ばれ、アポスティーユは領事認証を取得したものと同等のものとして扱われるようになります。

参照:外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)の締約国

公印確認とアポスティーユの違い

公印確認とアポスティーユの違いをまとめると、公印確認は領事認証の取得が必要になる外務省の証明でアポスティーユは領事認証取得と同等の性質をもつ外務省の証明ということになります。

しかしながら、ハーグ条約に加盟しているかどうかで求められる証明が決まるわけではないのが実際です。ハーグ条約加盟国でも公印確認を求められることもあるため提出先に確認するなど注意が必要です。

公文書以外の証明方法

公文書だけでなく、私文書にも外務省の証明を受けることがある場合は、少し手順が多くなります。私文書に公証役場で公証人の認証を受け、公証人が所属する法務局長による公証人押印証明を取得するという手順が新たに発生します。公証人押印証明を取得したあとで公印確認もしくはアポスティーユを取得することになります。

申請代行サービスの利用も検討を

公文書や私文書の外務省証明の取得は、個人で行うと提出先や大使館への確認など非常に手間がかかります。専門家に任せた方が確実かつスムーズに手続きを進めることができるため、専門家に手続きや段取りを代行してもらうことも検討した方がいいときもあります。もし海外赴任前で他の手続きに追われている場合は任せられるところは任せるというのも1つの方法です。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • hospital
    海外赴任前の予防接種 2017.03.14 海外赴任

    予防接種は ウイルスや細菌などの病原体に対して免疫(抗体)をつけるもので 感染症から命を守るための非常に有効な手段です。海外赴任時には予防接種が必須となるケースもあります。 予防接種の目的 まず、予防接種の目的を改めて確認しておきましょう。予防接種は感染症を予防することと入国要件を満たすことの2つの…

  • passport
    海外赴任前のパスポートの申請・取得 2017.01.05 海外赴任

    海外に渡航する際は必ずパスポートが必要になります。海外赴任が決まった時点でパスポートを所持していない場合は、速やかにパスポート発給を申請してください。以下にパスポート申請方法とパスポートに関する注意事項をまとめました。 パスポートの意義 パスポートには「海外での身分証明」、「出国許可証」、「渡航先政…

  • relocation
    海外赴任とは -データで見る海外滞在- 2016.12.07 海外赴任

    海外赴任と海外出張の違い 海外赴任とは、日本から海外の事業拠点に所属を移して長期間赴任先で勤務することを一般的には指します。同じく海外に人材を派遣する海外出張では、商談や視察がメイン業務となるのに対して、海外赴任では商談や視察以外に赴任先関連会社での業務や本社と海外事業所とのパイプ役になるなど、幅広…