海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

ニューヨーク滞在:サービスアパートメントのメリットとは何か

滞在国・都市 アメリカ・ニューヨーク
海外赴任時期 2017年1月〜2018年11月
海外赴任開始時点の年齢・性別30代・男

はじめに

私は11ヶ月間ニューヨークに仕事で行った際にサービスアパートメントに滞在させてもらいました。海外生活はかなり不安でしたが本当に充実した環境でした。その中で感じたサービスアパートメントのメリットデメリットを含めてお伝えします。

サービスアパートメントのメリット

サービスアパートメントに滞在して良かったのは、キッチン、ソファーなどが備え付けられていて食事も作ることができる環境になっていました。風呂などもあったので仕事終わりはリラックスすることが出来ました。

審査が厳しいのがデメリット

私が挙げるデメリットとしては部屋数が限られてしまう点と審査が厳しい点です。サービスアパートメントは本当に流行っていてアメリカでも利用する方が増えています。特に会社で派遣された人は経費で滞在するので会社側も経費を抑えることができます。その為部屋の数に限りがあります。私は半年前から探したので契約をすることが出来ましたがもう少し遅かったら契約が出来なくなるところでした。
契約がしにくいという点はやはり審査がかなり厳しいです。査定なラインを超えていないと契約をしてもらえないことがあるようです。

サービスアパートメントとホテルの違いとは

真実をいうとほとんど同じだと私は思います。ホテルは1日単位の契約が多かったり清掃員、朝食がつくというメリットがあります。また常に綺麗な布団を利用することが出来ます。それを考えると非常に良いと思います。
サービスアパートメントは生活しやすくてキッチン、洗濯機なども設置されていますので生活することに不便を感じることがありませんでした。また契約も一年契約なのでちょうど私の条件とも良かったです。このようにサービスアパートメントとホテルにはお互いの良さがありますが微妙に異なる点があります。サービス内容も異なってきます。

金額に差は?

私はサービスアパートメントの方が安いと思います。なぜなら一年契約をするのでその分多少の割引が適応されます。ホテルで見積もりを取った時とサービスアパートメントの見積もりを取った時では少し差が出ていました。

まとめ

私的にはサービスアパートメントの方がゆっくりすることが出来て尚且つ家で生活しているような感覚になるので非常に適しているなと感じました。その為サービスアパートメントの契約をしました。家もかなり広いので窮屈なく生活することが出来ましたし友達を呼んで遊ぶことが可能でした。部屋の壁が薄くないので隣の人から苦情が出ることもなかったです。約1年間ですがサービスアパートメントで生活して楽しかったし安心して生活することができました。家に帰るとリラックスできる環境がありました。
ニューヨークで長期滞在をされる方は是非サービスアパートメントの検討をおすすめします。

物件詳細・空室お問い合わせ

MONDESTAYでは今回ご紹介したニューヨークのサービスアパートメントも多数掲載しております。
仲介会社を通さず物件管理者と直接交渉可能できますので手数料もかからず、
安心かつ簡単にご希望の物件を見つけることができます。
ご検討をされているお客様は以下リンクをご参照ください!

他国の物件探しはこちら


海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ