海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

日本人がよく使う食材はカナダで購入できるのか?

海外赴任が決まると、現地の食材物価や日本食材を手に入れることができるかどうかが気になる人が多いでしょう。日本から離れた地でも、食卓で慣れ親しんだものが出ればほっと一息つくことができますし、健康面を考慮してもできるだけ和食を作りたいものです。

そこでこの記事では、多くの日本人が駐在するカナダでの食材入手にスポットを当て、日本でよく使われる食材がカナダでは売られているのか、物価はどれくらいなのかなどについて詳しく説明します。

カナダのスーパーで入手困難な野菜とは

多くの日本人家庭で頻繁に使われる野菜には、キャベツやピーマン、もやし、白菜、春菊、大根、長ネギなどが挙げられます。しかし、これらはWalmartやSobeys、Food Basicsなどといった一般的な北米スーパーでは手に入りにくい野菜です。

例えばキャベツは、green cabbageまたはsavoy cabbageが売られていますが、日本で売られているキャベツとは大違い。中身がギュッと詰まっているためとてもずっしりしていますし、非常に硬いためなかなか包丁で切ることができません。

このほか、green pepperという緑色のパプリカは売られているものの日本にある独特の苦みのあるピーマンは販売されていませんし、白菜や大根などの野菜も置いてある北米スーパーは非常に少ないです。また、日本では家計のお助け食材として重宝するもやしはカナダでは高価な食材。一袋(と言っても日本の倍量はあります)あたり2ドル近くするので、ある意味手が出しにくい食材と言えるでしょう。

鶏胸肉が高級、魚はサーモンばかり?カナダの肉・魚販売事情

日本の家庭ではよく料理に鶏肉が使われますね。煮物や炒め物、揚げ物など活用のバリエーションが広いうえにヘルシーで、ほかの肉と比べてとても安いので家計の大きな味方です。しかしカナダではなんと鶏肉はとっても高級品!スーパーやセール時によって値段は大きく異なりますが、日本では肉類で最安値の鶏胸肉をカナダで買うとなると、約500gで10ドルはかかるのです。

また、いろんな料理に使える豚肉のスライス肉はカナダにはなかなか販売されていません。belly(slice) meatとして販売されているものもありますが、日本のような極薄肉は滅多にないのです。ミートスライサーを購入して自宅で好みのサイズにカットするか、店員さんにオーダーして極薄切りにしてもらいましょう。

次は魚についてです。スーパーの魚介類コーナーにはサーモンがずらりと並び、サーモンと並んでティラピアやタラなどもよく売られています。いずれも、ムニエルや揚げ物として食べられることが多いようですが、日本と比べると販売されている魚のバリエーションはとても少ないです。また魚の値段も日本と比べると高く、切り身一枚で6~7ドルほどします。

日本の調味料は意外と手に入りやすい

和食には、醤油やみりん、料理酒、味噌、めんつゆ、お酢、ごま油などがよく使われます。日本から引っ越す際、スーツケースや段ボールにありったけの調味料を詰めていかなければ…と思う人も多いかもしれません。しかし、実は北米スーパーには日本の調味料がある程度販売されているのです。

多くの北米スーパーには、“International corner”があります。ここには、日本に限らずインドや中国、韓国などのアジアをはじめ、ヨーロッパなどのメジャーな調味料が陳列されているのです。日本の調味料としてよく置かれているのがKikkoman(キッコーマン)の調味料で、醤油(減塩タイプもあり)、みりん、米酢、照り焼きソース、料理酒、ポン酢があります。このほか、スーパーによってはオリジナルブランドで醤油などを販売しているところもあります。

手に入らない調味料がある場合は、アジア系スーパーでゲットするのがおすすめです。やや割高ではありますが、先述した北米スーパーで売られている調味料のほかにも、味噌やめんつゆ(そばつゆ)、ダシ、塩コショウなどが販売されています。カナダで有名なアジア系スーパーとしては、韓国系スーパー・H-MartやGalleria Supermarket、台湾系スーパーT & Tなどがあり、地方にも小規模のアジア系スーパーが展開されています。

新鮮な野菜や果物はファーマーズマーケットがベスト

日本食材とは少し違いますが、カナダのスーパーで買い物をする際に一つ気を付けたいポイントがあります。それは、鮮度の悪い商品が並んでいることが少なくないということです。これは特に格安スーパーで多く、野菜が傷んで茶色くなっていたり、肉の鮮度が下がって黒く変色したりというケースがあります。以前我が家では、買ったばかりのレタスやスライスチーズを袋から出したら内部でカビが生えていた、なんてこともありました。

家族の健康のためにも、口にするものの鮮度には気を付けたいものです。そこで新鮮な野菜をゲットするのにおすすめの場所が、ファーマーズマーケットです。ファーマーズマーケットとは、地域に住む農家などが集まって消費者に直接自分が作った商品を販売する市場。規模がとても大きいため、採れたての野菜や果物はもちろん、新鮮な肉、手作りの可愛らしい雑貨、飲食店などがたくさん軒を連ね、見ているだけでも楽しめます。

ただ、パプリカがバケツ売りされているなど販売されている商品の量がとても多いことも少なくありません。

買い物に行くときは大荷物になるのを覚悟して、家族みんなで買い物に行くのがいいでしょう。

まとめ

カナダの買い物事情は日本と大きく異なるので、慣れないうちは悪戦苦闘するかもしれません。日本人がよく使う食材がカナダのスーパーでは入手しづらかったり、または高かったりしますが、最寄りのアジアンスーパーを見つける・広告をくまなく比較するなどして対策を立てましょう。また生活に慣れてきたら、カナダだからこそ楽しめる食材や調味料を選んで挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • hongkong
    香港に住む際に現地調達すべきもの・日本から持っていくべきもの 2017.04.10 海外生活

    香港への海外赴任の際、現地の生活事情や会社からの引っ越し予算制限がある場合は、現地住居に何を日本から持って行くかかなり迷う方も多いと思います。そこで、香港の生活事情を紹介しながら香港に住む際に現地調達すべきものと日本から持っていくべきものについて紹介します。 現地調達すべきもの 香港は家具家電付きの…

  • birth
    知っておきたい!ドイツの妊娠・出産事情 2017.09.27 海外生活

    妊娠出産は、女性にとって家族にとって、人生における大きな転換期であり喜びです。妊娠期間および出産をどのように過ごし、どのようなものにしたいかは多くの人が考えるところでしょう。 そこで今日は、ドイツで出産を予定されている方、これからドイツへ移住や転勤などの可能性がある方に向けて、ドイツの妊娠・出産事情…

  • baby
    ドイツでの子育てがラクな5つの理由~0歳から幼稚園入園まで 2017.06.01 海外生活

    ドイツの子育てと聞いて、どんなことを想像されるでしょうか。これから家族と一緒にドイツ赴任をされる方は、期待と不安でいっぱいかもしれません。 でも、安心してください。ドイツの子育て(0歳から幼稚園入園まで)は楽です。今回は、その5つの理由をご紹介します。 理由1:子育て制度が充実している ドイツでは子…