海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

香港の医療事情

hospital

香港には、公立の医療機関と私立の医療機関があります。公立のほうが医療費は安いのですが、待ち時間がかなり長くなる可能性があるのと、日本人には言葉の問題があります。そのため、多くの日本人は日本語の通訳のいる私立の病院やクリニックに行っています。

会社の保険である程度医療費はカバーされると思いますが、会社によって内容が違うので自己負担額がどうなっているか確認の必要があります。

香港と日本の医療の違い

日本では病状にあわせて、内科や各種専門医にかかりますが、香港では健康診断を含めファミリードクターまたはGeneral Practice (GP)に総合的に健康管理をしてもらうのが一般的です。例えば、健康診断を受けて専門医に診てもらわないといけない場合は専門医も紹介してくれます。健康診断の結果もファミリードクターに報告が行き、常に情報が共有されます。そのため、まず香港についたらファミリードクターを見つけて健康状態など理解してもらうといいと思います。

香港のプライベートの医療保険は理学療法、カイロプラクティック(アメリカやカナダの国家資格を持った医者)がカバーされることもあるのですが、その際ファミリードクターの診断書が必要になることが多いです。診察料は場所によってかなり差があります。

香港島のほうが比較的診察料も高く、HK$800のファミリードクターもいましたが、九龍サイドの外国人の少ない地域のクリニックはHK$300位で診察してもらえましたので予約の際に診察料を聞いておいたほうがいいかもしれません(2013年の情報)。ほとんどのクリニックでクレジットカードが使えます。

私立の医療機関の良い点

私立の病院では休日夜間も専門医が普通に患者を診ていますので、必ずしも緊急医療のほうに駆け込む必要はありません。予約なしで病院に行く場合、日本人の通訳がいない場合もあるので、言葉に不安がある人は英語もしくは中国語をわかる人と一緒に行くことをおすすめします。

香港の医師の診察レベルは決して低くはなく、中には留学してイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの医者の免許を持った人も多いので、外国人慣れした医者も多いです。香港の大学は英語で授業をするので医者で英語を話せない人はいません。

私立の医療機関の悪い点

プライベートのクリニックは対応も早いですが、香港は医者の数が多すぎるので競争も激しく、良い医者ばかりではないので注意が必要です。中には薬を執拗に出したがったり、不要な検査をしたがる医者もいるので、不審に思ったら医者を変えるかセカンドオピニオンをもらいに別の医者に診てもらう事をおすすめします。

診察料だけでなく、手術費用や入院費用も病院のロケーションで変わります。保険のカバーされる上限金額によっては、病院の場所を変える必要があるケースも出てきます。手術や入院が必要な時は保険会社に病院の見積もりを送らなくてはいけないので、その時点でもし予算オーバーなら医者に病院を変えたい旨を申し出ることになります。

すでにしばらく香港に住んでいる人から色々医療制度に関することを教えてもらうといいと思います。特に持病があって医者に定期的に通わなくてはいけない人はすぐにファミリードクターの予約を取り、専門医を紹介してもらうほうがいいでしょう。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 香港で子育てのメリット、デメリット 2019.08.15 海外生活

    筆者は夫の転勤で香港に住むことになりました。
    一番不安だった事は、子供にとって、良い環境かという点です。治安を含め食事、衛生面、学校選び等についてが特に気になりました。実際に住んでみるととても子育てしやすい事に驚きました。
    今回は筆者が香港での子育てで感じたことをお伝えしていきます。

  • 香港の飲食店ファーストフードのジャンル 2019.02.21 海外生活

    私は夫の転勤で香港に住むことが決まってから食のことで頭がいっぱいで
    いざ、香港に住みだすとやっぱり不安が募りました。
    そこでまず飲食店とスーパーの所在地を確認することから始めました。
    今回は、ファストフード店をテーマにご説明できたらと思います。

  • 香港で住居さがしに大切なことやポイント 2019.05.23 海外生活, 海外赴任体験談

    海外赴任先国 中国 海外赴任先州/都市 香港 海外赴任時期 2018年3月から2018年10月 海外赴任開始時点の年齢・性別 32歳・女 海外赴任者との関係 本人 私は昨年、香港へ単身赴任をしていた経験があります。 香港で単身赴任をしてきまして、1番私がこだわっていたのは香港での住居探しでした。 ま…