海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

家具付き賃貸とは -住むメリットとデメリット-

furnished apartment

家具付き賃貸とは、その名の通りお部屋の中に家具が揃っている賃貸物件です。実際は家具だけでなく、家電も揃っているので、入居後すぐに新生活を開始できます。

今回は家具付き賃貸に住むメリットとデメリットについてご紹介します。

家具付き賃貸に住むメリット

初期費用・時間を節約

引越しには敷金・礼金など賃貸契約時に費用がかさますが、さらに家具や家電など生活に必要なアイテムを購入・搬入する費用もかかってきます。

家具付き賃貸であれば、それらの費用の削減ができ、引越しの手間や時間を節約することも可能です。最低限の出費と時間で新生活をスタートできます。

スーツケース1つで新生活スタート

家具付き賃貸には生活に必要な家具・家電、例えばダイニングテーブル、椅子、ベッド、カーテン、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機などが付いている場合が多く、物件によっては炊飯ジャー、湯沸かしポット、DVDプレイヤー、ドライヤーなどを備えている場合もあります。

お気に入りの身の回りの物を詰め込んだスーツケースさえあれば、入居した日から自宅にいるような気分で快適な生活をスタートさせることができます。

楽々引越

大きな家具や家電を移動する必要がないので、入居・退去時の引越しが非常に簡単です。退去時に不要な家具などの処分に困ることもありません。

家具付き賃貸に住むデメリット

部屋の雰囲気や家電が好みに合わないことがある

家具付き賃貸にはすでに家具や家電が備わっているので、好みに合わない製品に囲まれて生活することになる場合もあります。

また、自分の好みで家具をレイアウトしたりカラーコーディネートしたりもできないので、自分の好みの家具や家電を選ぶのが楽しみな方にはあまりおすすめできません。

ただし、好みの家具や製品を購入して使用することは可能です。部屋に取り付けてある家具・家電は保管し、退去時に元のように設置すれば問題ありません。

新品ではない

新築物件以外ではホテル同様、その部屋はすでに誰かが使った部屋であることがほとんどです。見ず知らずの人が使った家具・家電を自分も使わなければならないことに衛生的・気分的にも抵抗のある方には辛い選択になります。

備品の故障

家具や家電を破損してしまったとき、自分のものだったら放置しておいても問題ありませんが、家具付き賃貸物件の備品であれば契約書を確認して手続きする必要があります。

通常通りの使い方をしていて壊れた場合、家主側の負担で修理・交換する契約内容の場合が多いですが、入居者が負担しなければならない場合もあります。契約時にしっかり確認するようにしましょう。

選択肢が少なく家具なし賃貸よりも割高

イギリスのように家具付き賃貸が一般的でその物件数が多い国もありますが、日本では物件数が少ないです。一時的な住まいとして提供されている場合がほとんどなので、滞在期間が比較的短い単身者向けの物件が多く、2LDKや3LDKのような大きなサイズのお部屋は選択肢が限られます。

また、すでに家具・家電が備わっており導入する際に費用が発生していますので、ホテルほどではなくてもその分家具なし賃貸より家賃が割高になることが多いです。

まとめ

このように 家具・家電付き賃貸物件は、急な転勤、出張、単身赴任、旅行など仮の住処としてや就職や進学で初めての新生活をスタートするというような場合にとても良い選択と言えます。

退去するときの手間がとても楽なのも利点です。滞在期間がはっきりした方におすすめです。契約終了時に家具なし賃貸を選んで自分で家具・家電を買った方がトータルで安かった、ということがないように事前にしっかりとシミュレーションをして後悔のない選択をしましょう。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ