海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

[海外赴任体験談]タイで生活するにあたって知っておきたい3つのポイント

thailand
海外赴任先国 タイ
海外赴任先都市 バンコク
海外赴任時期 2013年5月から2015年7月
海外赴任開始時点の年齢・性別 32歳・女性
海外赴任者との関係

私達夫婦が結婚してもうじき1年目になろうかという時に、主人の海外赴任が突如決まりました。その赴任先がタイだということを聞き私は驚きを隠せませんでした。

迷った結果、新婚でしたし主人の希望もあり妻として帯同をすることになりました。その際に感じたポイント3つを書きたいと思います。

相談できる相手を探しておく

これは私が後々思ったことなのですが、海外ではわからないことが沢山あります。それを聞くのに1番適している方は、自分と同じような経験を既にした方や現在住んでいる方です。

今の時代インターネットで誰とでも繋がれます。ネットには同じような境遇の方が集う場が多く設けられていますので最大限利用すべきです。何か困ったことがあったら相談できる環境を整えてから出向くと不安もなくなりますし、大変心強いです。例えば食材ひとつ買うにも、気軽に相談できる相手がいれば海外で暮らすストレスは減るのです。

最低限のマナーは勉強しておく

私たちが日本で当たり前のようにしていることでも、国が変わるとそれがとても失礼にあたることが実際にあります。

タイは日本人も住みやすい環境ではありますが、もし仮にそうでない場合に何気なくやってしまった行動が自分を危険にさらす事になる原因を作ってしまうかもしれません。そうならないように最低限、その国でやってはいけないこと、言ってはいけないこと、NG行動を必ず勉強して頭に入れておくべきだと思います。

国によっては日本人は金持ちだというイメージから狙われやすい場合もありますので、身を守る1つの大切な方法としてやっておくべきだと思います。

食べ物の楽しみ方と注意点

タイもそうですが国によって驚くほど食材が安いのでテンションが上がり、ついつい何でも食べすぎてしまいがちですよね。結果お腹を壊してしまった、ということも少なくないと思います。

食事を楽しむのもとても大切なことですが、やはり日本と違って食べ物には注意が必要だと思います。よく火が通っているものは比較的安心ですが、私も1度食べ物で痛い目にあった人間なので辛さはわかっているつもりです。

海外の食べ物全てが危険だとは言えませんし、日本では味わえない美味しい食べ物が沢山あるのも事実ですが、やはり海外に行った時には改めて日本の食べ物の安全レベルの高さを感じます。

チャレンジ精神をもって海外生活を楽しむことも大事ですが、見慣れない食材や調理法に不安を感じたら口にしないことも、海外生活を安全に過ごす秘訣かもしれません。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ