海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

[海外赴任体験談]シンガポール独特の言語”シングリッシュ”でローカルの仲間入り

singapore
海外赴任先国 シンガポール
海外赴任先都市 シンガポール
海外赴任時期 2010年2月から2017年2月
海外赴任開始時点の年齢・性別 26歳・女性
海外赴任者との関係 本人

シンガポールでしか通用しない表現がある

私は某外資系航空会社にキャビンアテンダントとして7年勤務し、その間シンガポールに居住していました。英語は昔から得意で留学経験もあったので自信があり、言語コミュニケーションの問題は全く心配していなかったのですが、赴任して数ヶ月は思いがけない苦労をすることになります。

その原因がいわゆる「シングリッシュ『SingaporeとEnglishをくっつけた造語』」と呼ばれるものでした。シンガポールで日常的に話されている英語はシングリッシュと呼ばれ、とても癖が強く、独特の文法や発音に加えチャイニーズやマレーなど異なるルーツのスラングがごちゃ混ぜに入るのが特徴です。

私は当初、ローカルの人たちが話している英語のはずの言葉が聞き取れなかったり、単語の意味が全くわからなかったりして非常に苦労しましたが、在住歴を重ねるにつれて理解できるようになり、自分で使いこなせるようになりました。

今回はその中でも頻繁にシンガポーリアンたちの会話に使われるフレーズをご紹介します。シンガポールで暮らしていく上でとても便利で役に立ちますよ。

奥が深いOK lah!

有名な”OK lah”に代表されるように、文末にlah、lor、hor、 leh、 meh、 mahなどが付くのもシングリッシュの特徴の1つです。全て微妙にニュアンスが違い、日本語で言うところの〜だよ、〜なの?などと非常によく似ています。

“Ok lah!”と言い放つのは「何言ってんの、OKに決まってるじゃん!」、”OK lor”は「まぁ別にいいけど」、”OK meh”は「本当に大丈夫なの?」、と言った具合です。

最初は区別がつきにくいかもしれませんが、ローカル同士の会話を聞いていれば、言い方や表情で次第に言葉ごとのニュアンスがわかるようになります。

ホーカーでMakan? tapao?

ホーカーセンターとは、日本でいう露店のような形態で食事や飲み物を提供しているお店が集まっている所です。お馴染みのチキンライスやラクサをはじめとするローカルフード、フレッシュジュースなどが安価で楽しめます。

そこで注文すると必ず聞かれるのが、”Makan here or tapao?”、つまり、「ここで食べて行くか、持ち帰りか」。Makanはマレー語で食べるという意味、Tapaoは漢字で書くと打包、ターパオと読み、持ち帰るということ。共に名詞としても動詞としても使われる便利な単語です。

「今のは英語じゃない!?」、と固まっていると、”Having here or to go?”、と聞き直してくれることがほとんどですが、ここは是非注文の際にこちらから”One chicken rice, tapao please!”、と言ってみましょう。

最高にShiok!!

美味しい!気持ちいい!という表現の言葉で、非常によく使われ意味の範囲もとても広い便利な言葉。「シォッ!」、と発音するので、「知らないうちは”ショック!」、と言っているように聞こえますが正反対の意味です。

例えば、屋外の暑い所からクーラーがよく効いたショッピングモールに入った瞬間や、ほっぺたが落ちそうなくらい美味しいものを食べたとき、マッサージをしてもらっているときなど、使われるシーンは多岐に渡ります。

今回ご紹介したのはほんの1例ですが、使いこなせばローカルの人にも一目置いてもらえて仲良くなれるかもしれません。シンガポールにご滞在の際はぜひ使ってみてください。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • beijing
    [海外赴任体験談]北京の衛生事情 2016.11.30 海外赴任体験談

    北京での出来事には驚きの連続で多くの思い出があります。北京にいくと、とにかくおばさんにお世話をされることがあります。特に北京の街を歩いているときのことです。北京のおばさんは、見知らぬ他人の子供にも遠慮なく教育をしてきます。ベビーカーに乗っている他人の子供をあやしたり、母親に口出しをしてお説教をすることは日常茶飯事見られる光景です。

  • sydney
    [海外赴任体験談]日本人のシドニーでの生活事情 2017.02.02 海外赴任体験談

    海外赴任(帯同)先国 オーストラリア 海外赴任(帯同)先都市 シドニー 海外赴任(帯同)時期 2013年7月から2015年3月 海外赴任(帯同)目的・理由 夫の海外赴任 海外赴任(帯同)開始時点の年齢・性別 36歳・女性 海外赴任者との関係 妻 海外赴任(帯同)で困ったこと シドニーには日本人が多く…

  • shanghai
    [海外赴任体験談]上海に家族同伴で住む場合に注意すべきこと 2017.07.28 海外赴任体験談

    会社から辞令が入り、中国上海への赴任が決まりました。上海へは何度か出張ベースで行っていたので、住むこと自体は心配はしていなかったのですが、家族同伴で住むということに不安を覚えました。日本人学校などもあるということで家族同伴での赴任になりましたが、実際に住んでみての感想を書いてみます。