海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

[海外赴任体験談]子供のために知っておきたいアメリカ現地校のESLと教育事情

school
海外赴任先国 アメリカ
海外赴任先都市 サンフランシスコ
海外赴任時期 1994年から現在
海外赴任開始時点の年齢・性別 32歳・女性
海外赴任者との関係

私は夫の仕事の関係で約20年前から現在も、アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ近郊に滞在しています。

子供はアメリカで生まれましたが当時は夫婦共に英語は話せませんでしたし、子供も幼稚園に入園した時は殆ど英語は分からないという、日本語を重視した生活をしていたのです。園ではわが子のような英語が殆ど分からないお子さんは数人いました。

先生は苦労があったでしょうが、とても親切に接して下さり感謝でした。

卒園後は小学校のキンダーガーデンにあがりますが(大体のお子さんは5~6歳)、これは日本で言えば幼稚園と小学校1年生の中間のようなレベルと言えます。

ここでABCや身近な物の単語の読み書き、数字や簡単な足し算を含め、他の科目も学びます。※書き遅れましたが、ここでは公立の学校に関してで、私立は生徒さんを受け入れる条件が学校によって異なるようです。

ESL(English as a Second Language)

親も生徒(子供)も英語以外の言語をメインとした生活を送っており英語が第2言語となっている場合には、キンダーガーデンはそういう生徒達を集めて通常の授業とは別で、ESL(English as a Second Language)というクラスに参加させます。

これは学校と生徒の状況にもよりますが、生徒達は通常の授業中に毎日1時間、もしくは不定期的に数時間の割合で呼び出されてESLのクラスに参加します。

私はさほど気になりませんでしたが、通常の授業の方の内容に子供がついていけなくなるのでは、と不安になる親御さんもいました。実際には、不在になった時間の授業内容は先生か、隣の席の生徒さんが後で教えてくれます。

実感としてわが子は、小学校の最終学年(地域によって5年生だったり6年生だったり)には他のネイティブのお子さんと変わらないくらいの英語力になっていたと思います。

しかし、それでも中学卒業までいわゆる(外国人用のクラス)に関わっていたということに私は疑問を感じていました。噂では、学校ではそういうクラス担当の先生のポジションをなくすわけにはいかない為、どうしても最小限の生徒数は確保しなければいけないという事情があるとかないとか。

わが子が高校生(地域で異なりますが、一般的には9年生~12年生が高校生)にあがると、ようやくネイティブの生徒さんと同じ扱いで、ELSクラスから離れることができました。もし中学生や高校生の段階で日本から赴任されたご家庭のお子さんなら、高校生用のESLクラスに1日数時間参加となるようです。

「心配しすぎないで」

1つの町に複数の公立高校があるとして、全部の高校にそのような外国人をサポートするクラスがあるわけではありません。なので住んでいる地域に関わらず、遠い方の学校(そのクラスがある学校)へ通わされることがあります。

安全を考えて住居を選んだのに、指定された学校はちょっと心配な地域で悩まれる日本人もいらっしゃいます。でもこう言っては何ですが、住めば都というか、日本人が渡米する前に抱いていたイメージほどどこも危ないわけではありません。

また、子供は大人と違って言語に関してかなり順応性が高く、入学したては大変でも、日本でやっていたスポーツ活動や文芸クラブにこちらですぐさま参加し、ネイティブと一緒に楽しんでいる子も沢山います。大人が心配するほどではないようです。

日本人に興味を持つアメリカ人のお子さんも沢山いて、親が思っているよりも子供たちはすぐコミュニティーに馴染めると思いますから、あまり心配しないでくださいね!

もう1つ付け加えるとアメリカは日本と違って、友達と遊びたい時は遊び、1人が良い時は1人で行動します。1人でいると友達がいないんだと思われるかなとか、あまり考えないようです。日本だと周りの目を気にしてしまいますよね。

もっと言うと、誰かに話しかけたい時はぐんぐんと入り込んでいき、相手が静かにしていたら「ああ、話したくないんだな」ということで気に留めず、サラっとその場から離れるだけです。

英語が不十分な子はカリフォルニアには沢山いるので、他国の外国人は日本人ほど英語が話せないことに不安を感じていません。なので、結構図々しいかなと思うくらいに、話しかけてみてはいかがでしょうか。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ