海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

[海外赴任体験談]夫の海外赴任でイギリスに帯同した2年間で体験したこと

london
海外赴任先国 イギリス
海外赴任先都市 ロンドン
海外赴任時期 2015年1月から2017年1月まで
海外赴任開始時点の年齢・性別 35歳・女性
海外赴任者との関係

夫の仕事の関係で、イギリスのロンドンに2年間、海外赴任に帯同していました。子供がいなかったので妻の私は気楽な海外生活を楽しむことができました。ロンドンは、困ったときにスッと手を差し伸べてくれる大人の国でした。どのバスに乗ったらいいのか分からなくて、バス停で見知らぬ人に尋ねてもたいてい嫌な顔をせずに教えてくれます。

ロンドン生活で体験したさまざまなこと

ロンドン生活の中で体験したことはたくさんありますが、そのうちのいくつかを紹介します。

1. 11月に男性がひげを伸ばす

面白いと思ったのは、男性が11月の1か月間ひげを伸ばす習慣があることです。イギリスに限らず、アメリカや他のヨーロッパでも行っているそうですが、モーメンバーと呼ばれています。男性の健康のために、啓蒙活動の一環として行われているそうです。夫も、モーブラザーとして、1ヶ月間口ひげを伸ばしていました。夫は童顔なので口ひげが似合わなくて、イギリス人の同僚達から笑われていましたが、これがきっかけでかなり仲良くなったみたいです。

2. ダイレクトな表現は好まれない

それから、片言の英語しか話せない人の場合は、まあまあ寛容ですが、ある程度話せる場合は、アメリカ式のYES、NOがはっきりとしたダイレクトな英語は良くないようでした。遠まわしにへりくだった感じで物を訪ねる感じは、日本語と似ていると思いました。

3. マスクを付けての外出は怪しまれる

また、日本では風邪を引いた時などは、普通にマスクをしますが、イギリスではマスクをしません。マスクを着けて外出すると、物凄くジロジロ見られます。風邪を移さないために良かれと思っていても、イギリスでは重大なことが起きた時にしかマスクを着けないので、怪しい人に見られてしまうんです。今だと、テロリストだと思われるので、絶対にマスクは付けない方がいいです。

4. 折り畳み傘を持っていくと便利

日本からイギリスに持って行って良かったのが、折り畳みの傘です。イギリス人は、小雨が降っていても「この程度のシャワーは平気だ」と、傘なしで歩いています。実際、傘を買おうと思って探すと、ゴルフでさす時のような大きな傘ばかりで、恥ずかしくてさせないようなものばかりなんです。折り畳み傘なんて、滅多に売っていないので日本製の壊れにくい折り畳み傘は必需品でした。

5. 仲良くなるきっかけが意外なところにある

自宅でホームパーティーをすることになり、日本から持参してきたカレーのルーを使ってカツカレーを作ってみたところ、予想以上に好評でした。カレーの匂いがマンションの廊下に充満してしまって、隣の人から後日、何を作っていたのかと聞かれて、それが縁で仲良くなりました。

慣れれば日本よりも住みやすい

イギリスは、硬水で石鹸やシャンプーの泡立ちが悪く、髪がキシキシになるなど、気に入らない面も多々ありましたが、慣れると日本よりも住みやすい国だと思います。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ