海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

ヨーロッパ各国に滞在してみてわかったことと注意すべき点

海外赴任先国 フランス
海外赴任先州/都市 ルーアン
海外赴任時期 2017年1月~現在滞在中
海外赴任開始時点の年齢・性別 25歳・女性
海外赴任者との関係

私は夫の仕事の都合で、フランスに拠点を置きながら、ヨーロッパ各国に出向き、短期・中期滞在をしています。
それらを踏まえて今までの経験と注意点などをご紹介したいと思います。

治安について
事前に必ず調べておかなければならないのは現地の治安情報です。
治安の悪いエリアや危険な時間帯など。
例えばスイスはかなり治安の良い街だと言われていますが、派手な若者が多く集まるようなバーが密集している場所があったりします。
イギリスに滞在していたころは、サッカーチームで有名な街だったので、興奮してしまうサポーターも多いらしく、サッカーの試合の前後には出歩かないようにしていました。
また、空港からの安全な移動手段も必ず調べておきましょう。
長距離移動であればスーツケースが大きいため俊敏に動けませんから、スリや強盗などに狙われる可能性が高いです。
空港は街中から離れていることが多いですから、治安の悪い地域を通らなければならないこともあります。
そのような場合は運転手のそばに乗ったり、乗客が極端に少ないバスは避けましょう。
宗教的な習慣も調べておいたほうが良いです。

フランスでは数年前にパリで同時多発テロが起こっています。
現在でも頻繁ではありませんが、しばしば宗教関連の事件が起こっています。
宗教的にやってはいけないジェスチャーもありますし、宗教行事の前後には事件が起こる可能性が高いようです。
ご自身が住まれるエリアにはどのような民族の方が多く住まれているのか調べておくと良いでしょう。

物価について

ヨーロッパといえども各国で物価が大きく異なります。
事前に物価のことも調べておく必要はありますが、実際に生活してみるとだんだんと物価についても感覚が備わってきます。
私が滞在した中で最も物価が高かったのはスイスです。
肉や魚は非常に高く、スイスでお給料をもらっていなければかなりきついです。
国境付近に住むスイスの方は物価の安い隣国で買い物をする方も多いそうです。
イギリスもスイスほどではありませんが、物価はかなり高いです。
反対に物価が最も安かった国はブルガリアです。
日本も物価はかなり安いですが、ブルガリアは日本の半分~1/3程度の感覚です。

物価が高い国ではなるべく現地のものを食べるようにしましょう。
日本食が恋しくなるかとは思いますが、どうしても日本食は価格が高いので、現地のものに慣れられるといいですね。

やはり日本の技術はすごい
ヨーロッパ各国を巡り、優れている面を持つ国もあれば、そうでない面を持つ国もあるのですが、やはり、日本の便利さ・快適さを追求する精神は秀でていると感じています。
帰国時には必ず100円均一を物色することにしています。
文房具も日本のものがかなり使いやすいです。
また、某日本メーカーのあたたかさを追求した衣類は必ず大量に購入しています。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 知っておきたい!ドイツの気まぐれな天候と上手に付合う方法 2017.07.12 海外生活

    夏の旅行シーズンも近づいてきました。旅行先の天気はやはり気になるところ。 今日は、日本とは少し違うドイツの気まぐれ天気と気候についてお伝えします。 対策を十分にして、ドイツでの旅行や滞在を満喫してください。 ドイツの気まぐれな天気 ドイツの天気は一言でいうと、気まぐれ天気。理由は北欧と南欧の大きな気…

  • ニューヨークでオススメのディスカウントストア 2019.11.28 海外生活

    海外滞在先国 アメリカ 海外滞在先州/都市 ニューヨーク 海外滞在時期 2018年5月~6月 海外滞在開始時点の年齢・性別 29歳・女 20代の最後に海外に行きたいと思い立ち、ニューヨークでホームステイをしてみました。ホームステイ先のマザーが買い物好きで、一緒に色々なショップに行きました。中でもディ…

  • シンガポールの住みやすさ 2019.04.18 海外生活

    海外赴任先国 シンガポール 海外赴任時期 2011年4月から2015年12月 海外赴任開始時点の年齢・性別 38歳・女 海外赴任者との関係 妻 シンガポールでの暮らしは、私にとって大変快適でした。 確かに、英語の環境にさらされますし、常夏の国なので、暑さに対応できないことには生活しにくいかもしれませ…