海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

[海外赴任体験談]シンガポールの知っておきたい治安について

海外赴任先国 シンガポール
海外赴任先州/都市 シンガポール
海外赴任時期 2016年3月から2017年3月
海外赴任開始時点の年齢・性別 34歳・女性
海外赴任者との関係

海外赴任が決まればいよいよ治安面が気になります。アジアの治安は欧米並みの警戒が必要になります。シンガポールも同じように日本で住んでいる時よりも、置き引きやスリに気をつける必要があるのです。

私は過去、中国やイタリア旅行の際にスリにあった経験がありましたが、すられたと感じても恐怖心の方が大きいので、泣き寝入りしていることが多かったのです。それにスリの目つきがおかしいと感じた時には遅かったりします。

ニューカレドニアでは荷物を船に置き忘れたら、いつの間にか取られていることがありました。絶対ではありませんが、ニューカレドニアには公共の荷物は見つけた人のものという風潮があります。

シンガポールでも観光旅行時以上の警戒が必要です。

シンガポール在住者が気をつけるポイント

観光、外出も含めてシンガポール滞在者が注意するべき言動です。

・上着のポケットやズボンのポケット、特にバックポケットに財布は入れないように徹底すること
これはちょっとそこまでお使いに出かけて見るという時は要注意です。私も日本では、自宅の鍵をかけていないのに財布を置きっぱなしにしたとか、買い物先で無意識にレジで財布を台の上に置いたま手を離すことはありましたが、海外では危険です。

・女性に多いジョルダーバッグはフロントにカバンを位置ずけること
お財布ショルダーなど、ショルダーバックを使うことが多い女性ですが、お財布をフロント部分で確保することも重要ですよね。

・大きな荷物でも目を離さないこと
荷物が大掛かりだから多少目を離しても誰も盗んでいかないだろうという怠慢が通じるのは日本くらいです。当地では大きめの荷物でも離れないことが大切です。
空港やホテル、買い物先などで注意すべきです。

・身に覚えのない来客は警戒しよう
日本では意識が薄いのですが、身に覚えのない来客には注意を払いましょう。例えば、ホテルに宿泊しているとき、リクエストしていない相手には応じないようにします。
自宅でも同じように、呼んでもいない来客には警戒心を持ちましょう。スリ以外での犯罪に合わないためにもこうした犯罪予防は心得ておきたいところです。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ