海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

[海外赴任体験談]海外にペットを連れていくということ

dog-cat
海外赴任先国 シンガポール
海外赴任先州/都市 シンガポール
海外赴任時期 2011年4月から2015年12月まで
海外赴任開始時点の年齢・性別 44歳・女性
海外赴任者との関係

いきなり海外赴任の話を主人からされて、私が正直1番最初に悩んだのが子供のことでも語学のことでもなく、同居している二匹の猫のことでした。
いつかは海外赴任があるとは聞いていたのですが、あまりに突然だったこともあり、とても不安を覚えました。

実際に海外にペットを連れていくにはたくさんの制約があります。まず、国同士の取り決めと言うことがありますから、手続きは出国する日本、入国する相手国(私の場合にはシンガポール)と両方の法律にのっとった書類の準備が必要です。

それから、航空会社に対する手続き、さらには出入国する際に一時ホテルに泊まるとしたら、その時のペットのケアも必要になります。現地では当然、日本語以外で獣医さんとコミニケーションをしないといけませんから、飼い主の苦労もなかなかに継続するわけです。

もちろん、ペット自身にも大変な負担がかかります。「ペットを1回飛行機に乗せると1年寿命が縮まる」などという例え話もあるくらいです。
確かに、大抵の航空会社ではペットは貨物扱いですし、ということはフライトよりもかなり前からオリに詰められ、飲まず食わずで飼い主と引き離されしまうわけです。
実際に航空会社の規制でよく見られるものでは、長時間のフライトの気圧に耐えられないダックスフンドのような種類の犬、生後半年までの犬猫等は、たとえ国が出入国を許しても、航空会社の方でお断りする、ということもあるようです。それにそもそも住居が変わることを嫌う猫なんかにしてみれば、これ以上ないストレスですね。

それでも、法律面・住居面で可能であれば、ペットを帯同していかれることを、私はお勧めします。なんといっても家族の一員ですし、一時的に苦労があっても見知った飼い主が変わらずそばにいるということが、ペット自身にとっても一番の幸せだと思うからです。

準備は早めに綿密に

飼い主としては、まずはかかりつけの獣医さんとのコミニケーションが大事です。必要な書類は大抵の場合インターネットなどで容易に入手が可能ですが、主として英語で書かれています。もちろん自分で翻訳をするなども大事なことですが、獣医さんに記入してもらうべき項目で、英語表記を使う場合もありますので、場合によってはこのためだけに別の詳しい獣医さんにかかる必要もあるかもしれません。

具体的な準備として、出入国の規制で必須の予防接種(狂犬病、各種混合ワクチンなど)を済ませる、マイクロチップをペットの体内に埋め込む、各種必要な投薬を済ませる(ノミダニ駆除、回虫駆除ほか)等があります。場合によっては免疫定着から出国まで3か月の経過が必要、などという規制もありますので、大忙しです。

それから航空会社と相談して、必ずペットと一緒に同じ便で空輸してくれるフライトチケットを確保する、航空会社が指定するケージを用意する、出国日の検疫を予約し、必要ならば空港付近にペットが事前宿泊をするための手続きをとる、出国前には日本国内・入国したい国双方の検疫所に提出する書類を完全に用意するなど、ざっと書いても、こんなにやることがあります。正しい情報は、農林水産省のホームページで入手することができます。

ただ、とても便利なことにたいていの情報収集や申し込みはインターネットやメールで解決します。おかげで英語に免疫のない私でも対応が可能でした。また必要な書式の作成は困難ではあるのですが、自分が利用する空港の検疫所を予約すると事前に予備審査をしてくれますので、「当日書類がNG」という最悪の事態は起きないようになっていますので、この点は安心です。

現地からの出国準備に注意く

さて、無事に目的地に入国したら、さっそく適切な獣医さんを探す必要があります。今度は、いつか日本に帰国するときのために日ごろから準備をしておく必要があるわけです。赴任終了時は突然やって来る可能性があり、また本人とご家族が一緒に即刻帰国、という場合がほとんどだからです。
あらかじめ出国・日本帰国のルールを調べておき、定期的に予防接種をしていきます。事情がわかるようなある程度の規模の獣医さんでしたら、いわなくても都度、証明書の発行等をしてくれますが、場合によっては自分から積極的に説明して、証明書を確保しておく必要があります。また健康チェックも欠かせません。

私の住んでいたシンガポールでは、たいていは人間のための病院は日本語対応が可能なところばかりでしたので、獣医さんに通うようになって初めて強く英語の必要性を感じました。例えば「尿検査」などという単語は、普段英会話レッスンでも聞いたことがありませんでした。また、私のミスで、予防接種の有効期間に隙間ができてしまった時、獣医さんが一生懸命説明してくれたのですが私にはよくわからず、結局日本語ができる初対面の別の飼い主さんにお世話になることになってしまいました。このコミニュケーションに完全失敗していたら、私は自分が帰国するときに猫たちを置いて来なければならない事態になっていました。今となっては苦い思い出です。

最後に

このように大変なことばかり並べてしまいましたが、ペットを手放して海外生活を送るなどということは私には考えられませんでした。そして全ての手続きを無事コンプリートして帰国した現在、引越しの危機を乗り越えてまだまだ元気な猫たちを見て、「ずっと一緒に生活できていてよかった、本当にありがとう」というあたたかい気持ちを禁じ得ないのです。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ