海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

シンガポール

シンガポール

東南アジアのマレー半島南部に位置し、大小60以上の島々からなるシンガポールは、近年著しい経済成長をしています。アジアを代表する金融業における中心的な役割を持った都市として評価されてます。

基本情報

人口 539万人(2015年7月)
面積 697平方キロメートル
緯度・経度 北緯1度22分、東経103度55分
位置情報 Google Map
通貨 シンガポール・ドル(Sドル)
言語 国語はマレー語。公用語として英語、中国語、マレー語、タミール語。
宗教 仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンズー教
電圧 230ボルト
プラグタイプ BFタイプ B3タイプ
タイムゾーン UTC+8:00
サマータイム 不採用
国際電話番号 65

気候

シンガポールは赤道に近いところにあるため、1年を通して蒸し暑い気候となっています。1年の平均気温は26〜27度、湿度も高く、東京の8月の湿度温度と同じぐらいになります。11月から2月には雨季になり、スコールなどの突然の激しい雨に襲われます。4月から9月は乾季のため快晴の日が多くなり、日差しが強く熱くなります。

交通情報

電車

MRTと呼ばれる電車網が発達しています。都市部では地下鉄、郊外では高架になっています。よく整備されていて、路線ごとに色分けされているので日本の電車に乗り慣れている人ならば簡単に乗れます。電車での飲食には500ドルの罰金が課せられますので、気をつけましょう。

バス

バスはシンガポールの国全体を網羅しているので、慣れればとても便利です。バス停に立っていても手をあげないとバスは止まりません。前乗り後降り方式で、乗車時に現金または Suicaのようなez-linkカードで払います。

タクシー

タクシー料金は日本に比べて非常に安く、ほとんどの運転手は英語が使えます。メーター制です。初乗り料金は3シンガポール・ドル~3.4シンガポール・ドル。ただし夜間や通過区域によって割り増し料金が発生します。チップは基本的に不要です。タクシー乗り場で乗るか、流しのタクシーを日本と同様手をあげて止めます。助手席、後部座席共にシートベルトの着用が義務づけられています。

通信事情

シンガポールはIT先進国で、フリーWi-Fi環境は日本よりも進んでいます。宿泊施設などではフリーWi-Fiが使えます。政府が提供しているフリーWifi「Wireless@SG」が各地で利用可能です。携帯電話でSMSを受け取らなければなりませんが、チャンギ空港で登録してパスワードをもらうこともできます。いたるところにあるスターバックスでもフリーWiFiは利用できます。

感染症情報

水道水はそのままでは食用にせず、浄水器を通したあとで煮沸したものを使うか、ミネラルウォーターを使うことをすすめます。魚介類は、生食しない方が賢明です。野菜や淡水行は寄生虫の感染の危険があります。コレラ、赤痢、腸チフスの消化器期感染症にも注意しましょう。またデング熱の流行もあります。

治安情報

シンガポールは非常に治安の良い国として有名です。警察の権限も強く罰則も非常に厳しいため犯罪件数自体が低いです。ただし全く犯罪がないというわけではなく、観光客を狙ったスリや強盗、置き引きなどの犯罪はあるので気をつけましょう。また、落し物が、日本のように戻ってくる可能性は低いでしょう。

住宅事情

シンガポールの家賃相場はとても高く、東京に比べてもさらに高額になっています。特に、市内の便利な場所は、高額な物件が並んでいます。家具付き賃貸物件も家具付き物件が一般的で、生活に必要な家具や電化製品が一通り揃っています。外国人向けの賃貸物件はコンドミニアムと呼ばれる贅沢な作りで、プールやテニスコート、ジムなどの設備を備えている高級アパートが主流になっています。

現地での服装

1年を通して暑いのでTシャツにズボンや短パンなど、日本の夏に着る服装で一年中大丈夫でしょう。ただし、ドレスコードがある場所が多く、高級なレストランやカジノなどでは、短パンやサンダル、ノースリーブのシャツなどカジュアルすぎる服装では入店を断られる場合があります。また、室内は冷房が強いため、はおりものなどを1つ持っておいた方がいいでしょう。

関連リンク