海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

リオデジャネイロ

リオデジャネイロ

南米大陸最大の面積を誇るブラジル。その南東部に位置するリオ・デ・ジャネイロは国内最大の観光都市である。熱気溢れるこの都市が生み出したリオのカーニバル来場がもたらす経済効果は非常に大きなものとなっています。

基本情報

人口 632万人(2010年)
面積 1,260平方キロメートル
緯度・経度 南緯22度55分、西経43度10分
位置情報 Google Map
通貨 ブラジル・レアル
言語 ポルトガル語
宗教 カトリック、プロテスタント、無宗教など
電圧 110ボルト
プラグタイプ Nタイプ、Aタイプ、Cタイプ、SEタイプ
タイムゾーン UTC-2
サマータイム 採用
国際電話番号 採用

気候

リオデジャネイロは、1年中蒸し暑くて12月から4月は雨季で雨がたくさんふります。冬は、6月から9月で少し寒くて、乾燥しています。冬といっても気温はそんなに低くはなりません。ビーチに行くこともあります。

交通情報

電車

地下鉄と、郊外へ向かう電車、そして路面電車があります。地下鉄の料金は1回、4.1レアルです。路線は少なくて不便です。治安も悪いので夜間の利用は避けた方がいいかもしれません。新型路面電車は、2016年オリンピックのために開業しました。

バス

リオでは路線バスが市民の足になっており、市内全体をカバーしてとても便利です。しかし乗り慣れていないと難しいです。先払い方式です。乗る時は、バス停で手をあげないと素通りされてしまいます。エアコンは基本的についていなくて暑いです。

タクシー

タクシーは基本的にはメーター制。質も向上していますが、運転手に遠回りをされたり、法外な料金を請求される場合があります。黄色いタクシーの初乗り料金は、4.3レアル。白・銀色の無線タクシーは5.70レアル。

通信事情

無料のWiFiスポットはありますが、きちんとつながるかどうかは不明で、あまり状況は良くないようです。携帯WiFiルーターをレンタルしていくか、SIMカードを現地で買うと使いやすくなります。SIMカードを手に入れるのは、少し大変です。

感染症情報

感染症の問題はたくさんあります。かを媒介としてジカウィルスに感染します。インフルエンザのような症状ですが、妊婦が感染すると胎児に異常が起こります。またジカウィルスは性行為でも感染するので恐ろしいです。さらに豚インフルエンザも流行ってきています。水質も悪くスーパー耐性菌がリオの海岸で検出されたので、ドイツのセーリング選手が棄権したのも記憶に新しいです。

治安情報

治安は非常に悪いです。盗難はもちろん、強盗も多発しています。特にスマートフォンは狙われて、ひったくりに合いやすいです。クレジットカードのスキミング被害も多いです。夜間の外出は避けましょう。またファベーラというスラム街は犯罪が多発し、警察も入れないほどです。近づかないようにしましょう。

住宅事情

家賃は昨今上昇。特に安全な地域は高値となっています。借りるにあたっては、不動産業者に仲介シて貰う方法と家主と直接契約する方法があります。敷金礼金は基本的にありません。都市のアパートには治安対策のために警備員は門番がついています。

現地での服装

基本的には日本の夏の服装で大丈夫でしょう。冷房がきついところもあるので羽織ものが必要です。日本より男性は、カジュアルな服装をしています。日本人のようなスーツにネクタイをしているビジネスマンを見ることは少ないでしょう。