海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

タイ赴任前に理解しておきたいタイの仏教ルール

buddhism

タイは仏教国です。国民の90%以上が仏教徒で、町のいたるところにお寺があります。

タイでは多くの男性が一生のうちに一回は出家するとも言われています。そのくらい熱心な仏教徒が多いです。

そんな仏教国タイでは、仏教に関するいろいろなルールがあります。タブーを犯さないように、事前にルールを知っておきましょう。

女性はお坊さんに触れない

タイでは女性がお坊さんに触ることはタブーです。少し当たってしまうのも駄目です。お坊さんが女性に触れると、そのお坊さんは所属するお寺を破門されてしまうそうです。

ですからタイでは女性はお坊さんに近付かないように気をつけながら生活しています。電車で席が空いても、隣にお坊さんが座っていたら女性はその席に座ることができません。タイではとても大切なことなので、気をつけてくださいね。

タイでは町中にもたくさんのお坊さんが歩いていますので、要注意です。お坊さんはオレンジ色の袈裟を着ているので、すぐにわかりますよ。

マンションやデパートの前の祠への配慮

タイではマンションやデパート、レストラン、学校など、ありとあらゆる建物の前に祠があります。祠の形はさまざまで、大小いろいろな大きさのものがあります。このどれもが、タイ人にとっては神聖なものです。

前を通るときは軽く手を合わせお祈りをします。飲み物や食べ物、お花をお供えする人もいます。中には長時間熱心にお祈りする人もいます。

このような祠は歩道のすぐわきにあったり、道端にあったりするので、立ち止まる人を迷惑に思うこともあるかもしれません。ですが、タイではごく当たり前のことです。立ち止まった人を注意してはいけません。お祈りしている人の邪魔にならないように、こちらも気をつけましょう。

大きな祠だと、土足で上がってはいけないところもあるので、近くで祠が見たいときは周りの人をよく見て行動してください。

お寺に行くときの服装

日本ではお寺に行くとき、特に決まった服装はありません。あるとしたら法事のときくらいです。タイではお寺に観光に行くときにも、服装に気を付けなければなりません。

男性

タイは1年を通して暑い国ですが、お寺に行くときはラフすぎないようにしましょう。お寺では、男性の短パンはNGです。

できれば襟つきのシャツを着て、サンダルではなく靴を履いた方がベターです。きちんとした服装をするのがお寺のマナーです。

ただ、観光に行くようなお寺だとTシャツにサンダルの人も多いので、そこまで気にしなくてもいいと思います。お寺では、建物に入るときは靴を脱がなければならないので、脱ぎやすい靴がいいですね。

女性

女性はお寺の中では露出が多い服を着てはいけません。ノースリーブもミニスカートも駄目です。胸元が空いた服もNGなので、気をつけましょう。

万が一、露出が多い服を着て行ってしまった場合は、お寺で大きな布を貸してもらえます。その布を巻いてから入るようにしてください。

以上、タイの仏教のルールをご紹介しました。タイに行くときは、タブーを犯さないように注意しましょう。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 香港在住者が教えるオススメ買い物スタイル 2019.04.04 海外生活

      海外赴任先国 中国 海外赴任先州/都市 香港 海外赴任時期 2017年4月から2018年4月 海外赴任開始時点の年齢・性別 36歳・女 海外赴任者との関係 知人、家政婦 香港と私の出会い 私が香港へ住むことになった理由は、古くからご近所同士で日本でも家政婦を努めていた恩人の仕事上でご家…

  • study
    アメリカ赴任帯同中に目指す、スキルアップ 2017.09.28 海外生活

    せっかくのアメリカ駐在、何かを得て帰りたい。そんなふうに思う駐在妻の方も多いのではないでしょうか。私も駐在生活5年間で色々な学校に通いました。その経験から、アメリカでの学びの機会についてご紹介したいと思います。 英語を学ぶ 駐在が決まってまず最初に心配になるのは語学力です。その先に何を学ぶにしてもB…

  • 日本人がシンガポールで心得ておくべき罰金制度 2019.03.28 海外生活

    海外赴任先国 シンガポール 海外赴任時期 2017年3月から2018年3月 海外赴任開始時点の年齢・性別 34歳・女 海外赴任者との関係 妻 シンガポール在住までの経緯 私は客室乗務員として働いていた時職場で現在の夫と知り合いました。30歳で仕事を退職して彼との結婚を機会にシンガポールへと渡りました…