海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

知っておきたい!ドイツの妊娠・出産事情

birth

妊娠出産は、女性にとって家族にとって、人生における大きな転換期であり喜びです。妊娠期間および出産をどのように過ごし、どのようなものにしたいかは多くの人が考えるところでしょう。

そこで今日は、ドイツで出産を予定されている方、これからドイツへ移住や転勤などの可能性がある方に向けて、ドイツの妊娠・出産事情について筆者の体験を元にお伝えします。

ドイツで妊娠 ~ 出産まで

妊娠:産婦人科医を選ぶ

妊娠の兆候が見られたら、市販の妊娠検査薬で検査をしてみましょう。検査結果が陽性の場合は産婦人科医に電話をして受診予約をして下さい。予約の際に、検査薬で陽性だったことを伝えます。

ドイツでは、妊娠時期は産婦人科医にかかり、出産は産婦人科医とは別の産院で行うことが殆どです。まずは、どの産婦人科医に通うかを決めましょう。

産婦人科医を選ぶ際には、家から近いか、評判が良いか、その産婦人科が産院や緊急病院とどの程度コンタクトがあるかなどを基準にするといいでしょう。ドイツの医者の評判をまとめたサイトjamedaなども参考になります。また、親しい友人や、長くその土地に住んでいる知り合いに、どの産婦人科医がいいかを聞いてみるのもいいでしょう。

検診

いよいよ、産婦人科医に行って検診を受けます。産婦人科医の検査で妊娠が確認されると、母子手帳が手渡されます。出産まで大切に保管しましょう。同じ母子手帳は第二子妊娠時も使います。

産婦人科での検診は無料です。お金を持っていく必要はありません。ドイツは、毎月決まった保険料を支払うシステムを取っており、通院や入院時に一切お金はかかりません。産婦人科に行く時は、保険カードだけを持っていけば大丈夫です。安心して受診してください。

検査頻度や内容は日本とほぼ同じですが、日本と一番異なる点は、体重制限が殆ど無いことです。妊娠時期に体重が20kg増える人も多く、中には30㎏増える人もいます。その他の検査で何か異常が見られたり、治療が必要な場合は速やかにその旨が伝えられ、治療が行われます。

出産準備

ドイツでは、出産が近づいてくると、多くのカップルが助産師が主催する出産準備コースを受講します。これも保険で賄われます。

出産準備コースでは、赤ちゃんがお腹の中でどのように過ごしているか、妊娠中に気を付けるべきこと、出産はどんなものになるか、出産への心構え、出産時に男性が妊婦であるパートナーにしてあげられることや男性の役割(へその緒を切るのが男性の大切な仕事です。)、オムツの当て方などを学びます。第一子出産時は全てが初めてなので、この出産準備コースを受講するのもいい勉強になります。

出産:産院での生活

入院

いよいよ出産です。破水、もしくは陣痛が始まると産院に行きます。

ドイツでは産院は予約不要です。出産前にいくつかの産院に電話連絡をして見学をさせてもらい、希望の産院を決めておきます。事前の予約は必要ありません。

産院へは予め用意しておいた病院カバンを持っていきます。出産の際に着る洋服、入院時の洋服、赤ちゃんの洋服、歯ブラシなどを入れておきます。

滞在部屋の選択

産院に到着したら、保険カードを提示し、滞在する部屋の種類を決めます。

ドイツでの出産および産院での入院も無料です。通常は2人か3人部屋になりますが、追加料金を支払うと部屋のグレードアップが可能です。

1日につき50ユーロ程度支払うと3人部屋から2人部屋に、80ユーロ程度支払うと個人部屋にすることができます。また、150ユーロ程度支払うと、家族全員が寝泊まりできる家族部屋にグレードアップすることができます。希望の部屋を選びましょう。

入室から出産までの過ごし方

第一子出産時は軽い陣痛や破水が始まった後も、出産まで長くかかることが多いため、本格的な陣痛が始まるまで病室で様子をみます。産院の廊下に置いてあるヨーグルトやビスケットをつまんだり、産院内のカフェなどを利用するなど、ゆったりした気持ちで本格的な陣痛を待ちましょう。また、広い庭がある産院もあるので、気分転換に散歩に行くのもいいでしょう。

産院の部屋と食事

産院の部屋は快適です。部屋の中に綺麗なトイレとシャワーがあり、アメニティグッズもそろい、まるでホテルのようです。洗いたての清潔なタオルも置いてあります。掃除も毎日行われ、ドイツのメインの食事である昼食時には、3種類のメニューから好きなものを選ぶことができます。温かいものにはフタもしてあり、さすがドイツのお料理!ボリュームも満点です。

日本人として唯一寂しいのが、夕食がパンとチーズとハムであること。これもホコリが入らないようにフタがされて出てきますが、温かいお料理!と期待をしてはいけません。冷たいパン食です。

本格的な陣痛開始

そして、いよいよ本格的な陣痛が始まると、分娩室のあるエリアに歩いて移動します。部屋に通され、寝台に横になりながら赤ちゃんを待ちます。助産師が時折、様子を見に来ます。

ドイツでは出産の形態を自由に選ぶことが出来ます。筆者は当初、水中出産を希望しており、それが可能な産院を選びました。本格的な陣痛が始まって3時間位した頃、助産師に温かいお風呂に入ってリラックスしますか?と声をかけていただき、広い綺麗な部屋の真ん中に置かれた大きなお風呂に入ったのですが、激しい陣痛で入浴を楽しむ余裕もなく、体力を消耗してしまい、最後は普通分娩になりました。

ドイツの産院の長所は、母子の健康に問題がない限り、妊婦の希望を尊重しながら、その都度、柔軟に対応してくれることです。

出産間近になると、助産婦が産婦人科医を呼びに行き、出産となります。赤ちゃんの誕生。家族の喜びの時です。

産後 ~ 退院まで

産後:産院での過ごし方

出産後の休息

退院は出産から3日後です。出産後は数時間、しばらく静かにベッドで休みます。産院では赤ちゃんは赤ちゃんベッドに入り、母親のベッドの隣にいるのが普通です。しかし、母親が疲れていたり、眠たい時に赤ちゃんがどうしても泣き止まない場合などは、ブザーを押すと看護師が駆けつけて相談に乗ってくれたり、赤ちゃんを連れて行って赤ちゃんをみてくれます。

これは、入院中3日間の特権です。出産3日後には退院し、家事もこなしていくドイツの女性たちが休める唯一の時間です。

専門家の指導

出産後は、できるだけ体を動かすように医者や看護師および専門家が指導していきます。シャワーも出産後まもなく自分で浴びます。病室には、ベッドの上で自分で起き上がる練習、体を動かす練習を指導する専門家が頻繁に訪れ、体をできるだけ早く元に戻す手助けをします。

そして、授乳の仕方を助産師が病室に指導に来ます。授乳は、母親と赤ちゃんがこれから穏やかに健やかに生活していくための大切な毎日の営みです。しっかりコツをつかんで、赤ちゃんに十分授乳できるように学びましょう。

記念写真撮影

ドイツの産院での一大イベントが家族写真撮影です。

最近、ドイツの産院では写真屋が一部屋を借りて待機しています。出産後2日目頃に、希望する家族の写真を撮ってくれ、出産カード、写真アルバムやCD、写真を印刷した大きな壁かけなどを購入できます。この写真はとても質が良く、産院での写真撮影サービスはとても人気があります。生まれたばかりの赤ちゃんを連れて家族で写真屋さんに行くのは大仕事ですが、産院では隣の病室に行くだけ。とても楽なのです。

退院 ~ 新しい家族生活

退院後:自宅での新生活

出産3日後には退院となります。快適なドイツの産院ですが、やはり自分の家はいいものです。家族の新しいメンバーとなった赤ちゃんと共に、新しい家族生活がスタートします。

ドイツには里帰り出産はありません。父親は出産に合わせて有給休暇を2~3週間とったり、育児休暇を2か月間とる人も増えてきています。母親は、父親や赤ちゃんの兄姉と協力しつつ、あまりムリをしないように心掛けながらも出来るだけ家事をして、みんなで家族の生活リズムを整えていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。ドイツの妊娠から出産まで。赤ちゃんを迎える家族の新しい生活を支えるように、合理的に快適に、そして心地よいと感じられるように、妊娠から出産までのシステムが整えられています。あなたの妊娠・出産に少しでもお役に立てれば幸いです。

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 香港での子育てポイント 2019.07.18 海外生活, 海外赴任体験談

    香港にお子さんとともに移住を考えられている方たちに、少しでも参考になれるよう、私の体験談をお話しします。

  • liquor
    タイの複雑なお酒事情 2017.04.19 海外生活

    タイはお酒好きの方にとっては少々ややこしい国です。というのもお酒を買える時間帯が限られているからです。それに加えて禁酒日もあります。 日本にはない習慣なので少し戸惑ってしまうと思います。今回はそんなタイのお酒事情についてご紹介します。 お酒の値段 タイでは物価と比べてお酒の値段がやや高めに設定されて…

  • buddhism
    タイ赴任前に理解しておきたいタイの仏教ルール 2017.04.09 海外生活

    タイは仏教国です。国民の90%以上が仏教徒で、町のいたるところにお寺があります。 タイでは多くの男性が一生のうちに一回は出家するとも言われています。そのくらい熱心な仏教徒が多いです。 そんな仏教国タイでは、仏教に関するいろいろなルールがあります。タブーを犯さないように、事前にルールを知っておきましょ…