海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

アメリカの教育文化に感動!

海外赴任先国 アメリカ
海外赴任先州/都市 オハイオ州
海外赴任時期 2013年4月から2018年4月
海外赴任開始時点の年齢・性別 35歳・女
海外赴任者との関係

私は、アメリカで建築会社に5年間生活していました。
そのなかで、日常生活においては様々トラブルになりかけたような体験もしましたが、特に気をつけなくてはと思ったのが、アメリカで病院にかからないように健康管理には細心の注意をはらっていました。
理由としてはアメリカは日本のように国民健康保険や社会保険制度の制度がありません。
入院や通院をすると目が飛び出るような請求がきます。
幸いにもアメリカで私たち家族は病院は利用しませんでしたので詳しいことはわかりませんが、
念のため、民間の保険に加入はしていました。

ですが、入院なんかしたら、個人負担は日本に比べてかなり大きいようですので皆さんも事故や病気には気を付けましょう!

さて、タイトルにもさせていただきましたが、私が赴任中に最も感動したのがアメリカでの教育文化です。
うちの子供は地元の公立小学校へ入学させましたけど、校長先生の取り計らいにより英語の話せない息子を非常に気遣いくださいました。

例えば、今は日本でも導入されるようになりましたが、自分達がアメリカにいた当初から、カウンセラーの女性がクラスに常駐していました。
登校初日、1人取り残される不安から泣きじゃくる息子をカウンセラーの女性が優しく手招きして落ち着かせてくれました。そのおかげで、学校から帰ってきた息子は「学校楽しい!明日もいく!」と言うまでに。

担任の先生も息子を気にかけてくださり、息子がクラスに溶け込めるようにいろいろとして下さいました。そもそもアメリカでも教師は公務員ですが、日本と違って解雇があるので校長先生も先生も教師としての職務に真剣に思えます。もちろん日本の先生達も職務に向き合っているけれど「クビ」が存在するアメリカの先生達の方が意識が高い印象がありました。

これにより息子がイジメを受けた時、担任の先生宛に手紙で「息子がいじめを受けているようです。英語をしゃべる事が出来ない彼を助けてください」と書いたところ、その日に席替えを行ない、息子は先生の目の前に移動するなどといった素早い行動に感心しました。
担任の先生、校長先生、カウンセラーの女性、この方々に深く感謝をしていますが、なにより息子をクラスの仲間と受け入れてくれたクラスメイトに一番感謝しています。
入学から半年、まだまだお友達との会話に加わろうとしない息子に対し、ある授業で先生が「この答えを前に出て発表してください」と・・。
息子は席を立ち前に出て、クラス中のお友達が見守りなかでボソッと正解を英語で答えたそうです。その瞬間、クラス中が歓喜の渦!
先生、カウンセラーの女性、クラスメイト、全員が拍手で息子をたたえてくれ、それにより翌日から息子が積極的に英語で話が出来るようになったそうです。
アメリカは日本と違って歓声が派手ですが、息子にとっては大きな自信となったようで
とても感動的な思い出になりました!

物件詳細・空室お問い合わせ

MONDESTAYではアメリカのサービスアパートメントも多数掲載しております。
仲介会社を通さず物件管理者と直接交渉可能できますので手数料もかからず、
安心かつ簡単にご希望の物件を見つけることができます。
ご検討をされているお客様は以下リンクをご参照ください!

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • シンガポールの住みやすさ 2019.04.18 海外生活

    海外赴任先国 シンガポール 海外赴任時期 2011年4月から2015年12月 海外赴任開始時点の年齢・性別 38歳・女 海外赴任者との関係 妻 シンガポールでの暮らしは、私にとって大変快適でした。 確かに、英語の環境にさらされますし、常夏の国なので、暑さに対応できないことには生活しにくいかもしれませ…

  • furnished apartment
    香港でマンションを借りる際に注意すべきこと 2017.04.18 海外生活

    香港には日系の不動産業者も複数あるので住まいを探す際に言葉の心配は全くする必要がありません。日本人が多く住む所は決まっており、日本人学校のスクールバスが止まる近くのマンションや日系のスーパーがある所に集中しています。日本人の多く住むマンションのオーナーは日本人に慣れている人も多いかもしれませんが、そ…

  • Los Angeles
    ロサンゼルスで絶対に迷い込んではいけないエリア 2018.01.04 海外生活

    よく、ロサンゼルスにいたと聞くと治安はどうだったのかと聞かれます。やはりロサンゼルスは治安が悪いイメージを持っている人が多いのだと思います。逆に、日本人駐在員も多いゆえに、意外と安全だったよう〜なんて話も耳にする事も多いのも、確かです。