海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

ニューヨークの公衆事情ってどうなの?

海外滞在先国アメリカ
海外滞在先州/都市ニューヨーク
滞在理由海外赴任
海外滞在時期2015年5月~2018年5月
海外滞在開始時点の年齢・性別37歳・女

公衆事情は事前にチェック

ニューヨークへ行くことに決まり、治安以外の面でまず私が心配した面は、公衆事情です。例えば、公衆トイレの有無から料金、衛生観念、安全についてまで気になっていました。そこで、これからニューヨークに渡米しなければならないという多忙な方のために、ニューヨークの公衆事情をまとめてみました。

公衆で必要になるトイレ事情

まず、街に出ると必要となるトイレ問題は重要です。日本では公衆トイレという環境がどこにでも用意されており、料金ももちろん無料(厳密には無料ではないのですが)、使用のたびに支払う必要はありませんよね。公衆トイレ事情は、なんとニューヨークには公衆トイレがないんです。この事実は渡米前に知っておくべきでしょう。
そこで、ニューヨークの街でトイレを使いたくなったらどうするのか?というと、カフェなどで借りるしかありません。日本でいうところの、コンビニエンスストアや、利用した時に飲食店のトイレを借りるという状態でしのぐことになります。

できるだけ綺麗、安全なトイレを借りたいならホテルやショッピングモール

女性の立場としては、飲食店などのトイレを借りる時もできるだけ安全性や清潔感を重視して選びたいと思うものですよね。
そこで、以上の条件を満たせそうなトイレ環境があるところと言うと、飲食店の中でもチェーン店があります。
例えば、スタバことスターバックスのトイレなどです。あるいは、デパートなどのトイレでもいいでしょう。とにかく、女性視点で安全性と清潔感を見極めると良いですよ。

チップ置き場がある場合も

高級なデパートなどのトイレを借りるとき、Powder Roomと表示されている場所もあります。ホテル内のトイレなどです。
こうした場所のトイレには特別なルールやマナーが必要となることがあるので心得ておくと良さそうです。
アメリカといえば、誰もが気になるチップが使われていることの多い文化ですが、高級ホテルのトイレにも当然チップ置き場なるものの存在があることも。。。
このような場合はどのように対応するべきか?と言うと、チップを置いてもいいし、置かなくても良いです。任意であるところはどちらでもいいのですが、やはり清潔なトイレを無料で使用させていただいたお礼にと、わすかながらでも置いておくといいでしょう。

個室について

ニューヨークでなくてもアメリカのトイレを利用したという経験があれば、日本のトイレとは立て付けが異なることはわかりますよね。例えばですが、アメリカのトイレは個室トイレでもあるのに関わらず、そのドアの長さは短めになっており、床上はおおよそ30cmも空いているということも多いのです。日本の公衆トイレのように個室が利用されていない場合はその個室の扉が空いた状態になっています。 このあたりのみきわめ方は日本と同じなので楽です。

注意するべきこと

日本でも同様ですが、ニューヨークでは特に夜間から深夜のトイレの利用は避けなければなりません。もちろん、自室や宿泊先ホテル内、友人の自宅などは問題ないです。駅のトイレを夜間に借りるなんていう行動は絶対に避けておくべきことです。安全に利用するためには、必ず時間帯、場所を選んで借りることが重要ですよ。
ホテルのロビーのトイレなどは、一定の時間帯になれば鍵が閉められてしまうことも多いですのでその辺りも注意しましょう。

物件詳細・空室お問い合わせ

MONDESTAYでは今回ご紹介したニューヨークのサービスアパートメントも多数掲載しております。
仲介会社を通さず物件管理者と直接交渉可能できますので手数料もかからず、
安心かつ簡単にご希望の物件を見つけることができます。
ご検討をされているお客様は以下リンクをご参照ください!

他国の物件探しはこちら

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 香港に赴任滞在するメリット 2019.05.16 海外生活

    海外赴任先国 中国 海外赴任先州/都市 香港 海外赴任時期 2017年4月〜2019年1月 海外赴任開始時点の年齢・性別 38歳・女 海外赴任者との関係 妻 我が家は子供二人と夫の四人家族です。 子供の学校のこともあり、2年間夫についていくかどうか悩みました。 それでも香港に赴任帯同して得られるメリ…

  • 知っておきたい!アメリカで子育ての合間に英語を勉強する方法 2017.08.15 海外生活

    旦那の海外転勤が決まり英語を学ぶ必要性に迫られているあなた。でも日本では子育ても仕事も忙しく、なかなか英語を学ぶ時間を確保するのは大変ではないですか? そんな時に知っておきたいのが「アメリカで子育ての合間に英語を勉強する方法」。アメリカに来たは良いけれど、なかなか勉強する場所を探すことが出来ない人も…

  • buddhism
    タイ赴任前に理解しておきたいタイの仏教ルール 2017.04.09 海外生活

    タイは仏教国です。国民の90%以上が仏教徒で、町のいたるところにお寺があります。 タイでは多くの男性が一生のうちに一回は出家するとも言われています。そのくらい熱心な仏教徒が多いです。 そんな仏教国タイでは、仏教に関するいろいろなルールがあります。タブーを犯さないように、事前にルールを知っておきましょ…