海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

ニューヨークで楽しむ外食 お肉編

海外滞在先国アメリカ
海外滞在先州/都市ニューヨーク
滞在理由単身赴任
海外滞在時期2014年4月~2019年3月
海外滞在開始時点の年齢・性別37歳・男

アメリカといえば肉料理

私はお肉が大好物ですが、特に牛肉には目がありません。日本のお肉といえば、脂身が多いものが一般的なステーキ肉だと思いますが、アメリカでは日本のように脂身が多いわけでもないので嗜好にあうのです。ニューヨーク滞在時には、外食が多くなりました。特に楽しみにしていたジャンルは、お肉、ステーキ肉です。
そこで、私が体験したニューヨークのお肉とその感想などをご紹介してみたいと思います。

大切なのはどの部位を選ぶか

アメリカといえば、ドリンクも外食で提供される食事メニューも全てがビッグサイズということが定番のように知られていますよね。確かに、日本よりも大きいサイズ展開がアメリカの特徴でもあると思いました。ステーキの場合も当てはまります。ステーキを選ぶときまずは、どこの部分を食べるか?を考えます。
私のようにお肉の脂身が若干苦手だというのであれば、フィレステーキを選びましょう。脂身も苦手ではないならリブアイを選んでも良さそうです。
日本のステーキのように産地やブランドで選ぶという機会は少なく、アメリカでは熟成されたお肉がよく出回ります。
なので、産地やブランドにこだわってしまうと決めにくいと思います。では、ステーキの具体的な例をご紹介します。

ポーターハウス(Porterhouse)

日本では聞きなれないステーキですが、ポーターハウスとは言うなれば骨つきのお肉のことを言います。フィレ部分の他に脂身も味わえるというステーキです。
一人では完食しずらい量ですが、家族や仲間と一緒にいただくとちょうどシェアできる量でした。

リブアイ(Ribeye)

アメリカにきて初めて食べるという人も多いでしょう。「リブロース」と言えば分かる方もいらっしゃるでしょうか。
リブアイとは、いわゆるアバラ部分に当たります。脂肪があり柔らかい食味、ジューシーなお肉を食べたいならこれが一番おすすめです。アメリカらしいお肉で、アメリカ人に人気です。

シャトーブリアン(Chateaubriand)

アメリカらしいステーキということで、部位はヒレのステーキです。とても柔らかい食味に脂身が少なめのお肉です。

せっかくならばニューヨークらしいお肉を

他にもサーロインステーキももちろんあります。ですが、せっかくアメリカに滞在するのであれば、アメリカらしいお肉を召し上がると良いのではと思います。
ニューヨークには、お気に入りのしたいお店がたくさんありますから、外食が継続しても苦にはならずむしろ楽しみにしていたくらいです。
二人以上からのオーダーも多いのですが、お一人様の飲食も可能なお店も結構ありました。ぜひ、ご賞味あれ。

物件詳細・空室お問い合わせ

MONDESTAYでは今回ご紹介したニューヨークのサービスアパートメントも多数掲載しております。
仲介会社を通さず物件管理者と直接交渉可能できますので手数料もかからず、
安心かつ簡単にご希望の物件を見つけることができます。
ご検討をされているお客様は以下リンクをご参照ください!

他国の物件探しはこちら

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • アメリカ・ロサンゼルスの食事情 2017.08.15 海外生活

    アメリカはカリフォルニア、特にロサンゼルスは多くの日系企業があることもあり多くの日本人が生活しています。さらに健康志向がとても高い住民性もあり、アメリカ国内でも特にオーガニック食品が充実している地域でもあります。今日はそんなロサンゼルスの食事情をご紹介します。 ロサンゼルスは日本食天国 ダウンタウン…

  • カナダの医療事情 2017.06.07 海外生活

    カナダの医療は州政府の管轄なので州により制度が若干違いますが、基本的にカナダ国籍保持者、永住権保持者、労働ビザ保持者(ワーキングホリデーは除く)は医療がほぼ無料で受けられます。 州の健康保険では処方箋と歯科はカバーされませんが、勤め先の会社からの福利厚生である程度カバーされるケースがほとんどです。 …

  • alphabet
    アメリカ赴任中と帰国後からの、子供の英語教育 2017.10.26 海外生活

    アメリカで子育てをする。それは不安な事でもあり、しかし大きなチャンスの場でもあります。何故なら子供をバイリンガルに育てる絶好の環境であるからです。 アメリカで妊娠、出産を経て子育てをした経験から、今回は在米中から帰国後までの英語教育についてアドバイスや気をつけたい点などをご紹介させていただきます。 …