海外赴任・海外生活をサポートするメディア -MONDESTAY Media

ニューヨークでの移動に便利なバスの乗車マナー

海外滞在先国アメリカ
海外滞在先州/都市ニューヨーク
海外滞在時期2015年4月~2018年3月
海外滞在開始時点の年齢・性別36歳・女
海外赴任者との関係

ニューヨークの街を自由に移動するならバスが便利

ニューヨークでの交通機関といえば地下鉄にバス、タクシーなどがあります。日本と同様にして、公共の乗り物を利用することができるのですが、ニューヨークの公共の乗り物においてのルールやマナーを覚えておくと便利ですよ。
たとえばですが、ニューヨークといえば地下鉄がよく取り上げられていますが、バスも通っています。ニューヨーク市内を走るバスには、三種類に分類することができます。
ニューヨークを走るバスは、「Metropolitan Transportation Authority」という機関から運行されています。

①クロスタウンバス
主にストリート沿いを走行しており、方向的には東西を走っています。
②ダウンタウンバス
主に北から南へと走行します。知名度があるアベニュー通りを走行する路線バスです。
③アップタウンバス
方向は南から北を走ります。こちらもダウンタウンバスと同じようにしてアベニュー通り沿いを走行します。

以上のようにニューヨークを走るバスは三種類に分類することができます。もちろん、居住者だけではなく、観光旅行者も滞在中に乗車することができるバスです。

ニューヨークでのバスの乗り方、支払い

乗車したいバス停からバスに乗り込みます。その時、目的地へ向かうバスの種類を間違わないようにしましょう。
ニューヨークでは路線バスに乗車するときは、路線にかかわらずバスの前方ドアから乗り込むという乗り方が基本です。
そして、いよいよ降りたいバス停が近ずいてきたら、車内のボタンを押して合図を見せましょう。車内のボタンを押して、次に降りますと伝えるシステムは日本と同じなので、分かりやすいと思います。
日本では降りる際にカードや小銭をバスの投入口に入れて、利用料を支払いますが、ニューヨークを走るバスでも同様です。料金は基本一律料金になっているのが日本と違う点です。ニューヨークでは一律$2.75のバス代となります。
ただしニューヨークでは、バスに乗るときに小銭かメトロカードでの乗車料金の支払いと決められています。注意すべきことは、一律料金であることは良いのですが、お札、紙の紙幣は利用できないというバスのシステムを知っておく必要があります。
ちなみに、日本のバスのように前方に両替機が設置されているということもありませんので、小銭、あるいはカードの準備が必要です。

ニューヨークのバスの特徴

日本のバスのように両替機がないことは不便な点ですが、ニューヨークのバスには使いやすい点もあります。例えば、一例では、路線から路線への乗り継ぎも2時間以内であればという条件付きであれば一律料金で利用することができます。またバス停もわかりやすい外観で見落とす可能性も低いと思います。
ニューヨークを走るバスには日本と類似したシステムもあれば、全く違う点もあります。乗車する前に確かめてから安全に快適に利用したいものです。

物件詳細・空室お問い合わせ

MONDESTAYでは今回ご紹介したニューヨークのサービスアパートメントも多数掲載しております。
仲介会社を通さず物件管理者と直接交渉可能できますので手数料もかからず、
安心かつ簡単にご希望の物件を見つけることができます。
ご検討をされているお客様は以下リンクをご参照ください!

他国の物件探しはこちら

海外赴任中や一時帰国時の滞在先をお探しですか?

MONDESTAYでは、長期の海外赴任から短期間の海外出張まで幅広いビジネス滞在に利用できる世界中の家具付き物件を紹介しています。
MONDESTAY経由で空室確認のお問い合わせをすれば、手数料のかかる仲介会社を通さずに物件管理者と直接賃料交渉など可能です。

»ホテルをお探しの方はこちら

こちらの記事もおすすめ

  • 知っておきたい!アメリカで子育ての合間に英語を勉強する方法 2017.08.15 海外生活

    旦那の海外転勤が決まり英語を学ぶ必要性に迫られているあなた。でも日本では子育ても仕事も忙しく、なかなか英語を学ぶ時間を確保するのは大変ではないですか? そんな時に知っておきたいのが「アメリカで子育ての合間に英語を勉強する方法」。アメリカに来たは良いけれど、なかなか勉強する場所を探すことが出来ない人も…

  • カナダ生活で日本人が感じる「この出費が痛い」3選と節約対策! 2017.10.25 海外生活

    家族そろって海外で生活するうえで、心配なのが毎月の出費。物価が高い国と言えば、北欧を中心とするヨーロッパがよくイメージされがちですが、実はカナダも多くの日本人が物価の高さを感じる国です。 「日本ではすごく安いのに!」というものが、カナダではとても高く販売されるケースがよくあります。そこで今回は、カナ…

  • 日本人がシンガポールで心得ておくべき罰金制度 2019.03.28 海外生活

    海外赴任先国 シンガポール 海外赴任時期 2017年3月から2018年3月 海外赴任開始時点の年齢・性別 34歳・女 海外赴任者との関係 妻 シンガポール在住までの経緯 私は客室乗務員として働いていた時職場で現在の夫と知り合いました。30歳で仕事を退職して彼との結婚を機会にシンガポールへと渡りました…